東芝はハゲタカのオモチャにされる…CVC買収提案がやぶへびに

東芝はハゲタカのオモチャにされる…CVC買収提案がやぶへびに

社長を兼務することになった東芝の細川智会長(14日、オンライン会見)/(C)共同通信社

東芝の車谷暢昭社長が14日、突然辞任した。後任として社長を兼務する綱川智会長が同日、オンラインで会見したが、車谷氏は姿を見せず「東芝の再生ミッションを完了し、達成感+を感じている」とコメントだけ発表。これを額面通りに受け取る向きは皆無だ。

■CVC買収提案がやぶへび

 英投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズによる東芝買収提案は、元CVC日本法人会長だった車谷氏が保身を狙った“出来レース”との疑いが消えず、利益相反で追い詰められる前に逃げ出した形だ。

 CVCの動きが他ファンドの関心を誘ったのか、車谷氏辞任報道と同時に米投資ファンドKKRが東芝に対する買収提案を検討していると海外メディアに報じられた。CVCが提示している210億ドル(約2兆2900億円)の案を上回る可能性が高いという。カナダの投資ファンド、ブルックフィールド・ビジネス・パートナーズも提案を用意しているという。

投資ファンドは儲けが出ればいい

 東芝の既存株主の香港系投資ファンド、オアシス・マネジメントはCVCが提案した1株5000円の買収価格について「安い」と指摘、6200円超が妥当だとして価格つり上げに入っている。今後、複数ファンドによる買収合戦に発展する可能性が出てきて、14日の東芝株は前日比265円高の4860円。年初来高値を更新した。

「東芝はオモチャにされつつあります。車谷氏がCVCを連れ込んだことがやぶへびになりました。投資ファンドは儲けが出ればいいわけで、原発事業を抱える東芝のバックには経産省が付いていて、どんな要求でものんでくれると足元を見ている」(金融ジャーナリスト・小林佳樹氏)

 経産省の企業の合併・買収(M&A)に関する指針では、買収提案を受けた企業は、可及的速やかに特別委員会を設置し、企業価値の向上や一般株主の利益を図る観点から提案内容を審議するとしている。CVCの買収提案を受けた東芝社内では、リストラや事業の切り売りへの懸念が高まっていたが、他のファンドだってそれは同じ。「利益を上げることが目的の投資ファンドは、再上場もしくは事業を分割して売却するという手段が基本」(小林佳樹氏)。買収合戦の様相に、東芝社員は戦々恐々だろう。

 モノ言う株主に加え、買収提案のハゲタカを招いたことで、現状維持ではいられなくなった東芝。まだひと山ふた山ありそうだ。

関連記事(外部サイト)

×