【カルロス・ゴーン被告が保釈】古巣のミシュランや欧米企業、中国企業が獲得に動く?

記事まとめ

  • 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が、東京拘置所から107日ぶりに保釈された
  • 日本国内で再就職するのは無理でも、海外企業は多額の報酬を払ってでも招きたいとも
  • 中国企業傘下の自動車メーカーボルボや新興のEVメーカーBYDが獲得に動く可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております