ロート製薬や新生銀行など社員の副業を解禁する企業が増加 背景には人手不足も

記事まとめ

  • 厚労省の「モデル事業の規制」が改正され、社員の副業を解禁する企業が増えている
  • 社員の副業を認めている企業は約50%で、現在、正社員の10.9%が副業しているという
  • 実質賃金の目減りの補填や、人手不足で辞められては困るという企業の事情があるよう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております