大手銀行で市銀連の存在意義が希薄化 ベアで足並みが揃わず共闘のあり方が問われる

記事まとめ

  • 3メガバンクとりそな銀行の組合員で組織する、市中銀行従業員組合連合会(市銀連)
  • 定例給与改善(ベア)で足並みが揃わなくなりつつあり、存在意義が希薄化している
  • 発端は、最大手の三菱UFJ銀行が要求額の2倍に相当する引き上げを回答したこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております