三菱自動車が燃費不正発覚後も懲りずに不正 日産自動車にも悪影響で見限る可能性も

記事まとめ

  • 三菱自動車の燃費不正問題で、同社が不正発覚後も懲りずに不正を続けていたことが発覚
  • "親会社"になる日産自動車は燃費不正問題のあおりで、第1四半期国内販売台数が25%減少
  • 「ゴーン社長はいずれ『三菱』の看板を外すつもりじゃないか」とジャーナリストは言う

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております