ホリエモンも参戦 個人発行の“株式”「VALU」は儲かるのか

ホリエモンも参戦 個人発行の“株式”「VALU」は儲かるのか

この人も注目(C)日刊ゲンダイ

 手を出して本当に大丈夫なのか――。ホリエモンも参戦している新しい“バーチャル取引”が、「簡単に儲けられる」と注目を浴びている。一言でいうと、個人が発行する“株式”のようなもので、「VALU(バリュー)」と呼ばれるものだ。ネット上で取引されている。

 ベンチャー企業「株式会社VALU」が5月31日から運営を始め、フェイスブックアカウントさえあれば、誰でも「VALU」を発行することができる。個人が資金集めのために「VALU」を発行し、“投資家”側は、発行者に魅力を感じれば、「VALU」を購入するシステムである。ただし、一般の株式投資とは違って、リターンは配当金などではなく、「発行者と一対一で会談できる」などといった「特典」である。

「VALU」の取引は、仮想通貨「ビットコイン」で行われる。発行者には元ライブドア社長の堀江貴文氏も名を連ね、堀江氏の「VALU」単価は日本円で28万円超で、時価総額はナント、28億円超に上る。

 最初の「VALU」単価はフェイスブックの友達数に応じて、運営会社が自動的に決め、株式と同じように「買い」が入れば、VALU単価は上昇するが、買い手が現れなければ上がらない。

「知名度のある発行者なら、上場と同時に大量の買いが入る。1、2日で10万〜20万円儲かることもあります。“投資家”側も有名人が上場するタイミングさえ掴めば売りぬけて儲けることができる。上場直後の安値でVALUを買い、高値で売る手法です」(IT業界関係者)というから、要領は株式投資と同じだ。

 しかし、一般人が儲けることは可能なのか。実際に「VALU」を発行したITジャーナリストの三上洋氏はこう言う。

「VALUはこれまでになかった概念のサービスなので、既存法でカバーしきれていない部分があります。発行者が、インサイダー取引を持ちかけたり、自らのVALUを買って単価を吊り上げる『高値誘導』を仕掛ける余地が残っています。運営会社もまだまだ試行錯誤を繰り返しており、今後、取引に規制が入る可能性があります」

 将来的に新たな“投資先”となるか。

関連記事(外部サイト)