海外進出のパートナーに出会う、「海外ビジネスEXPO」開催

海外進出のパートナーに出会う、「海外ビジネスEXPO」開催

海外進出支援プラットフォーム「Digima〜出島〜」などを運営するResorzが手掛ける展示会。海外ビジネスイベントでは国内最大級

 少子化やデフレの影響から縮小する国内マーケットに限界を感じ、成長戦略の次の一手をグローバル市場に求める動きが増えている。この潮流は何も大手企業に限ったことではない。ここ数年で“爆買い”や“越境EC”など、海外の消費者を相手取った新たな市場が身近なものになってきた。その先にあるマーケットを見据え、今中小企業が海外進出へと動き出している。

 とはいえ、海外市場に関心があったとしても、実際にビジネスを展開させるハードルはまだまだ高い。現地のマーケット情報、流通や宣伝に不可欠なパートナー企業をキャッチしていなければ、具体的な話は進まないだろう。そこで、注目したいのが東京・秋葉原で11月9日に開催される展示会「海外ビジネスEXPO2016」だ。

 この展示会では会場を全部で5つのゾーンに分類。中でも、海外進出に興味のある企業にとって注目なのが「アウトバウンドゾーン」だ。コンサルタントや調査会社などの海外進出支援企業がブースを出展。貿易取引から言語対応、商標権、人材雇用や研修までをサポートしてくれる。さらに、特別企画ゾーン「ブルーオーシャン・シティコーナー」では、今後の急成長が見込めるような手つかずの新興都市がブースを出展。現地の公的機関の担当者と話ができる。

 そのほか、「インバウンドゾーン」では訪日観光客に向けた、プロモーションや翻訳業務を手掛ける企業が出展。「アウトソーシングゾーン」ではウェブシステムからスマホアプリまで、オフショア開発を手掛ける企業が展示を行う。「フリーペーパーゾーン」には世界7カ国13誌のフリーペーパーが並び、現地のマーケット情報を得るための参考になりそうだ。

 セミナーではスタートアップ知識からマーケット情報まで、出展社などの海外進出に詳しい識者が登壇。「バイヤーへのアプローチ手法」や「中国にインターネットで情報を伝えるポイント」など実践的な内容も多いので、すでに海外進出に取り組んでいる企業も含めてぜひ参考にしたい。


<開催情報>
■開催日時:16年11月9日 10時〜19時
■会場:秋葉原 UDX Gallery / Gallery NEXT
■住所:東京都千代田区外神田 4-14-1 秋葉原UDX 南ウィング4F
■主催:海外ビジネスEXPO2016 実行委員会
■参加費:1000円(事前登録の場合は無料)
■申し込みURL:https://www.digima-japan.com/event-news/expo2016/reservation/

関連記事(外部サイト)