IoTは低コスト・低リスクの「スモールスタート」から!/ワイヤレスジャパン

IoTは低コスト・低リスクの「スモールスタート」から!/ワイヤレスジャパン

IoT導入の課題(セミナーで発表されたレポートより)

【記事のポイント】
▼IoT導入前にどう使えばいまの事業の効率が上がるか?を考える
▼リスクの小さな「スモールスタート」から始めてIoT導入の道筋を見極める
▼IoT事業の市場規模は15年〜20年で4.3倍もの成長が予測されている

■IoT導入は目的ではなく手段である

「IoT」という言葉がさまざまなところで聞こえてくるが、では実際にIoTを活用したイノベーションはどこから生まれてくるのか。そんなIoT活用術を教えてくれるセミナー「『現実解としてのIoT』〜IoTに浮かれず、IoTを利用する方法〜」が5月24日、東京江東区の東京ビッグサイトで開催された「ワイヤレスジャパン2017」内セミナーとして開かれた。

 講師を務めたのは、通信分野を柱にIoTソリューションへと事業展開を行う(株)ゼネテック IoTビジネス本部 池上繁氏。同社は、「これからIoTを始めたい」という事業者向けに、機器などのハードウェアからソリューションまで揃えたワンストップサービスを提供している企業である。

 テーマにある「現実解」とは、現実的にIoTを事業にどう取り込んでいったらいいのだろうかということ。「わたしたちがIoTを勧めるうえで痛感するのが、IoT導入の目的よりも、導入ありきと思っている人が多いということです」と池上氏。どうやらIoTというのが流行っているらしい、それに乗り遅れないようにという事業者が多く、IoT導入自体が目的になっているケースが多いのだという。

「そうではなく、実際に動いている事業に、IoTがどうかかわると効率が上がるか、売り上げ増につながるか、コスト低減につながるかといったことを考えることが基本なのです。つまり事業課題をクリアする手段としてIoTを利用するという意識が重要なのです」

■まずはできるところからIoT化を始めてみる

 そのために池上氏が企業にアドバイスするのが、「できることからまずやってみる」ということ。まず売り上げや効率化など、まずは現実的な目標を設定。そのために必要なデータの優先順位を決める。そしてリスクの小さな「スモールスタート」を必須とする。この2点を決めることで、IoT導入の道筋が見えてくると池上氏は話す。

 ただし、実際にIoTを導入するとなると、機器やデバイスなどのハードウェア、そしてそれを動かしてデータを取得するためのソリューション、さらにはネット環境などのインフラと、新たに導入すべきもの、そして専門性の高い懸案が多く出てくることになる。「だからIoTに興味あるし、ぜひ導入も検討しているという企業が多いにもかかわらず、導入の入口で挫折してしまうケースも多々あるのです」と、IoT導入の敷居の高さを懸念する。

 だからこそ、同社のようなIoT事業部をもつ専門家に任せるべきところは任せ、リスクを少なくするためにも「スモールスタート」が重要だと池上氏は強調する。


■IoT化は必須、2020年までに市場規模は4.3倍に

 同社では、デバイス、デバイスからデータを取得するモニタリングアプリケーション、クラウドサービス、ネットワーク構築サービス、そして通信デバイスまで一括して提供できるIoT/M2Mプラットフォーム「Surve-i」を提供している。もし通信デバイスをすでに導入しているのであれば、通信デバイス以外の部分のみ利用するといったいわゆる「カフェテリア式」にも対応している。

「2020年に無線通信規格『5G』の本格サービスインが予定されるなど、通信インフラの整備も進んでいます。IoT事業の市場規模は、2015年から2020年では4.3倍もの成長が予測されているのです。デバイスも増えるし、データトラフィックも格段に伸びるはずです。この『IoT時代』を迎えるにあたって、ぜひ自分の事業のなかで『どこをIoT化したらいいか』ということを精査して取り組んでほしいです」

「IoTは目的ではなく手段」「スモールスタート」という2つのキーポイント踏まえることが、IoT導入のための「現実解」と言えそうだ。



関連記事(外部サイト)