人気ユーチューバーらが教える「バンタンクリエイターアカデミー」 4月開校

人気ユーチューバーらが教える「バンタンクリエイターアカデミー」 4月開校

人気ユーチューバーらが教える「バンタンクリエイターアカデミー」 4月開校の画像

バンタン(東京都渋谷区)は、動画配信クリエイターを筆頭に「インフルエンサー」を育成する専門スクール「バンタンクリエイターアカデミー」を2021年4月1日に開校した。

カリキュラム構成は数々の人気YouTuber(ユーチューバー)を生み出してきたUUUMがサポート。新校舎「クロスタワー」(東京都品川区)で、業界を牽引する企業の社員や人気ユーチューバーらが次世代クリエイターを育成する。

長期インターンで稼ぎながら学ぶ

バンタンはファッションからITまで、様々なクリエイティブ分野について学べる専門スクールを運営している。

新たに開校したバンタンクリエイターアカデミーは高等部と専門部で構成され、計225人が入学した。生徒全員がユーチューブチャンネルを開設し、在学中からクリエイターとしてプロを目指す。チャンネルで発生した収益は、スクールではなく生徒のものになる。

また、生徒は提携企業への長期の有償インターンに参加。こちらでも収入を得ながら、クリエイターと一緒に働くことで実践的に学べる。

授業はクリエイターとして現場で活躍している現役のプロが直接指導する。動画制作を中心として、生徒同士が協力し合う「ピアラーニング」による実践授業を行い、プロの現場と同じ環境を経験可能。また、インターンシップ先の企業が「卒業前に雇用したい」と申し出た場合にはすぐに卒業できる「飛び卒業」制度も大きな特徴だ。

講師としてはUUUM取締役の市川義典氏やサイバーエージェント代表の藤田晋氏、36万人以上のチャンネル登録者を抱えるユーチューバーグループ「PKA」のメンバーをはじめとして20人以上が授業を行う。

3月30日には新校舎やカリキュラムの発表会が開かれ、新入生を集めての特別授業も実施された。清潔感あふれる校舎は撮影用の機材やスペース、メーク室やスタジオを完備。小学校の「教室」を模したような個性ある教室も存在し、教室の壁面も動画撮影に適した仕様となっている。

特別授業ではアマゾンやソニーなどの動画制作に携わっているKyleyusukeさんや、PKAのメンバーが講師を務め、実際の動画制作の手法や撮影の様子を披露した。やる気に満ちた様子で授業に臨む生徒らの姿が印象的だった。

入学金は10万円。コースは3年制と2年制の2つがあり、学費(入学金別)は両コースともに1年あたり計131万円だ。

×