自衛隊秘伝?レシピで乾パンが激ウマに フライパンひとつでわずか10分

自衛隊秘伝?レシピで乾パンが激ウマに フライパンひとつでわずか10分

自衛隊秘伝?レシピで乾パンが激ウマに フライパンひとつでわずか10分の画像

4月12日は「パンの記念日」(パン食普及協会が制定)だ。パンはパンでも、保存性に優れ「非常食」としておなじみの「乾パン」を、おいしく食べる方法をご存じだろうか。

わずか10分で完成する「おやつ」や「おつまみ」に最適な、サクうま「揚げ乾パン」を作ってみた。「防衛省・自衛隊 神奈川地方協力本部」が紹介しているレシピだ。

油で揚げ焼くだけで

必要な材料は「適量の乾パンと油」、以上だ。手順も至ってシンプルで、180度の油で5〜10分揚げるだけ。記者は普通のフライパンを使い、乾パンが半分程度浸る量の油を入れた。

5分経って、乾パンをひっくり返すと香ばしいにおいが!

片面がおいしそうなきつね色に変わったところから、もう片面を5分加熱。火を止めて油を切り、適量の砂糖、抹茶、ココア粉末で味を付けたものが画像1だ。記者は時短で、上から粉末を振りかけるのみにしたが、「防衛省・自衛隊 神奈川地方協力本部」の公式サイトには、ビニール袋に味付け用の粉末と乾パンを入れて振ると、手が汚れずおすすめ、とある。

味を付けなくても、香ばしさと甘さ、サックリ食感が楽しめる。揚げずに食べる乾パンより、数倍おいしく感じた。油の温度と加熱時間の管理だけ徹底すれば、特別な調味料や下ごしらえも必要なく、カンタンに作れるのが魅力だ。1時間ほど経ってから食べてみたが、冷めても変わらずおいしかった。

「フレンチトースト」に変身

もう一つ作ったのは「乾パンフレンチトースト」。公式サイトで紹介されている材料は以下の通り。

「退役間近」の乾パン:2枚
バター:適量

・卵液用
卵:1個
砂糖(好きな種類):20グラム
牛乳:100cc
バニラエッセンス:数滴
忍耐:適量

自衛隊らしく、賞味期限間近の乾パンを「退役間近」と表現したり、適量の「忍耐」が材料に含まれていたりと、お茶目なレシピだ。

まず、下ごしらえとして上記の材料を混ぜて作った「卵液」に乾パンを浸す。小型の乾パンはそのままでよいが、大きい乾パンを使う場合は、卵液がしみ込みやすいように前もって割るのがポイントだ。

卵液に浸し、冷蔵庫で1日寝かせる。半日経ったらひっくり返そう。1日浸けても固い場合は、電子レンジで30秒〜1分加熱する。下ごしらえが終わったら、バターを焦がさない程度の火加減で、フライパンで焼いて完成だ。

お好みで、ハチミツや粉砂糖をかけて食べるとよいそうだ。

なお、公式サイトの画像を見ると、卵液は使わず、乾パンのみフライパンで焼くようだが、記者は試しに「卵液も一緒に加熱」版も作った。

ふんわり甘い卵と、香ばしい「ふわサク」乾パンの「相性はばつぐんだ!」。おやつにはもちろん、朝食の一品にもよさそう。

×