くら寿司が「刺身」の販売を始めるワケ 同社では初、「おつまみ需要」を受け決断

くら寿司が「刺身」の販売を始めるワケ 同社では初、「おつまみ需要」を受け決断

くら寿司が「刺身」の販売を始めるワケ 同社では初、「おつまみ需要」を受け決断の画像

大手回転寿司チェーンのくら寿司は、2021年4月23日から一部店舗で同社初の刺身のテスト販売を始める。

近年は「シャリカレー」「シャリコーラ」など、「シャリ推し」のメニューが印象的だったくら寿司。なぜ、このタイミングで刺身の販売に踏み切ることになったのか。

「五種盛り」と「七種盛り」を展開

くら寿司は21年4月21日に都内で記者発表会を実施。22日にコロナ後のインバウンド需要を意識した都心型店舗「くら寿司 道頓堀店」(大阪市)をオープンするのを前に、同社の今後の店舗戦略などが示された。

くら寿司は郊外のロードサイド沿いに多くの店舗を構えるが、近年は消費者のニーズの高まりを受け、大都市圏を中心に都心エリアへの出店を加速。20年4月まで7店舗だった大都市圏(東京、大阪、名古屋、博多、札幌)の駅前立地店舗は、21年10月末には23店舗まで増やす計画だ。

そんな中、くら寿司の田中信取締役副社長は「当社としてはじめて『お寿司』ではない、お刺身のテスト販売を開始いたします」と発表。マグロやサーモン、タコなどが乗った「五種盛り」(税込528円)と「七種盛り」(748円)をそれぞれ展開する。渋谷駅前店(東京都渋谷区)、西新宿店(東京都新宿区)、甲子園店(兵庫県西宮市)で、4月23日からのとなる。 

「私どもは『寿司屋』ですので...」

くら寿司といえば、15年にシャリを使った「シャリカレー」、16年にはお米を使った炭酸飲料「シャリコーラ」を販売するなど「シャリ推し」のイメージも強い。

今回「シャリ」ではなく「お刺身」を売り出すことについて、くら寿司の岡本浩之取締役は「私どもは『寿司屋』ですので、一番大事にしているのは『シャリ』ですが、その上に載せる『ネタ』も大事にしております」と強調。その上で、売り出す理由を次のように説明した。

「前々から(刺身を売ってほしい)という要望を(利用客から)いただいていた。(郊外から都心部への進出に伴い)お酒の販売が増えているお店が多くなっていますので、『お寿司ばかりだとお腹が膨れるから、お刺身も出してほしい』という要望が非常に強くなった。今後は(3店舗での)販売状況を見ながら、他店舗に拡大していくかを判断していきたい」

会見にはお笑いコンビのマヂカルラブリー(野田クリスタルさん、村上さん)、陣内智則さんも登壇。マヂカルラブリーの2人はこの日のために作ってきたという「くら寿司」の漫才ネタを披露し、会場を沸かせた。

×