「G-SHOCK」初スマートウオッチ 「Wear OS by Google」搭載でマルチスポーツ対応

「G-SHOCK」初スマートウオッチ 「Wear OS by Google」搭載でマルチスポーツ対応

「G-SHOCK」初スマートウオッチ 「Wear OS by Google」搭載でマルチスポーツ対応の画像

カシオ計算機(東京都渋谷区)は耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」初となる「Wear OS by Google」搭載スマートウオッチを2021年5月15日に発売する。G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD」の新製品G-SQUADPRO「GSW-H1000」だ。

ランニングや水泳、サーフィンやスノーボードなど、屋内外のさまざまなスポーツシーンで活躍。カシオオリジナルアプリにより、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトの計測に対応する。種目ごとにデザインされたインターフェイスがあり、すぐに使用できる。

トレーニングに役立つ各種記録を管理可能

「GSW-H1000」は心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度、気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載している。GPS衛星から位置情報を取得し、走行ルートや距離、速度、ペースなど幅広いスポーツをサポートするデータを計測する。

また「Wear OS by Google」により、Googleアシスタントや、メール、電話着信などの各種通知に対応可能であるほか、「Google Play Music」、「Google Fit」、「Google マップ」をはじめとしたGoogleアプリサービスを利用できる。

スマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK MOVE」を使えば、アクティビティの履歴や分析、進捗など、トレーニングに役立つさまざまな記録をアプリ上で管理できる。機能の一つである「センサーオーバーレイ」は、アクティビティ計測中に静止画や動画を撮影すると、計測情報を重ねたビジュアルを以下のように作成する。SNSでのシェアも可能だ。

耐衝撃性と操作性を両立

耐衝撃構造や防水性能など、「G-SHOCK」ならではの「タフネス性能」を備えていることも魅力の一つだ。裏蓋に耐食性に優れるチタンを使用し、チタンカーバイト処理で耐摩耗性を強化。20気圧防水に耐えるガラスの厚みを保ちつつも、操作性は損なっておらず、スムーズな画面タッチ操作が可能だ。柔軟性と耐久性を両立したソフトウレタンバンドに加え、バンドとケースの間にも装着感を高めるパーツを採用し、使いやすさにもこだわって仕上げている。

表示部は、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図や計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を重ねた「二層構造ディスプレイ」。カラーディスプレイを活かして視認性を高めており、複数の情報を簡単に把握できる。表示情報を上中下の3段でカスタマイズでき、数百通りの中から用途やシーン別に適したものを選べるほか、デジタル・アナログ表示の切り替えも可能。

メーカー希望小売価格は税込8万8000円で、カラーは「ブラック×ブルー」、「ブラック」、「レッド」の三色展開。重さは約103グラム(バンド含む)。

×