オンライン上で運動不足解消「バナソン」 ドールが提案する新しい運動習慣

オンライン上で運動不足解消「バナソン」 ドールが提案する新しい運動習慣

オンライン上で運動不足解消「バナソン」 ドールが提案する新しい運動習慣の画像

食品企業のドール(東京都千代田区)は、オンラインアプリを通じて歩いたり、走ったりしながら参加者同士の体験が共有できる「BANATHON」(バナソン)のキャンペーンを2021年4月24日に開始した。

バナソンはランニングとウオーキングの新しい運動習慣として、これまで同社が販売してきたバナナをモチーフにした参加型のオンラインプログラム。キャンペーンでは豪華賞品が当たる。

仲間と走っている感覚で運動が楽しめる

「バナソン」は、スマートフォン(スマホ)にダウンロードした生実況運動アプリ「ライブラン」から参加可能。複数ある大会開催日時に合わせて、全国の参加者が好きな場所で一斉にランニングとウオーキングをスタート。運動中も、離れた場所にいる参加者同士はアプリの音声機能でつながり、競ったり励まし合ったりできる。仲間と走っている感覚で運動が楽しめる。

大会は2021年4月25日に第1回が実施され、6月20日まで全19回を予定している。

バナソンキャンペーンへの参加方法は3種ある。ひとつは、走行ルートを事前にスマホのアプリ上で決めて、ランニングアプリ(使うアプリは自由)を用いて実際に走った画像をツイッターに投稿する方法。走行後のコースがバナナ型になるようにルートを決めるのがポイントだ。実際には走らず、地図からバナナ型コースを見つけ、ルートをなぞった画像を投稿しても良い。

2つ目は、実際に大会に参加する方法だ。「ライブラン」のアプリをダウンロードし、参加したい大会を予約。大会に参加し、2キロ以上を走行した人の中からプレゼントの抽選を実施する。

トロフィーやスマートウオッチが当たる

3つ目は、食べてキャンペーンに参加する方法。キャンペーン期間中に、対象商品を税込250円分以上購入し、購入したレシートを撮影。キャンペーン専用サイトの応募フォームから必要以上を記入して応募する。また、店頭かウェブサイト上からダウンロードできる「はがきレシート」を張り付けての応募も可能。

キャンペーンは2021年6月20日23時59分まで。参加者には、抽選でそれぞれ賞品が当選する。当たる賞品は応募方法によって異なり、トロフィーやスマートウオッチなど複数ある。

×