在宅勤務中に「飲酒」する大人の言い訳 「暇だった」「むしろ仕事が進む」

在宅勤務中に「飲酒」する大人の言い訳 「暇だった」「むしろ仕事が進む」

在宅勤務中に「飲酒」する大人の言い訳 「暇だった」「むしろ仕事が進む」の画像

在宅勤務中に飲酒したことはありますか――。

新型コロナウイルスの影響で、すっかり浸透した在宅勤務。最近では、自宅で仕事中、上司の目がないのを良いことに「やってはいけないこと」に手を伸ばしてしまう大人がいるようだ。J-CASTトレンドは、その本人を直撃した。

「飲むとエンジンがかかって仕事が進む気がする」

「2回飲みました」

こう告白するのは、神奈川県内の会社に勤める20代の男性。営業職で、普段は外回りも多い仕事だが、現在週の半分は在宅勤務している。初めて仕事中に飲酒したのは20年11月。「この日は仕事が本当に暇で、午後で片付いてしまって」とぽつり。冷蔵庫にあった缶チューハイを1缶開けたそうだ。

2度目は21年4月に入ってから。「仕事でトラブルがあり、イライラしていて昼間にビール飲みました」。どちらも職場の人にばれてはいないが、反省はしている様子だった。

別の営業職の20代男性も、やったことがある。こちらも週半分は在宅勤務だ。酒には強く、めったに酔わないと豪語する。むしろ「(酒を)飲むとエンジンがかかって仕事が進む気がする」とも。昨年夏から5回以上ビール、缶チューハイを飲んだ。

まだ上司などから一度も指摘されていないが、こんなヒヤッとした出来事が。

「終業間際にお客さんから電話がかかってきて、結構お酒が入った状態で数十分対応した」

客からは怪しまれなかったそうだが、いつも通りの声色とテンションで会話できていたか、若干心配だったと明かした。

リモート会議の時に空き缶が画面に...

酒類小売チェーンを展開するカクヤスが実施した調査「テレワーク拡大による飲酒の変化」でも、驚くべき実態が明らかになっている。調査対象者はカクヤスメールマガジンに登録しているユーザー1586人。

「ここだけの話、テレワークの勤務時間中にお酒を飲んだことがありますか」。この質問に、17.2%が「ある」と回答している。いったいどんな時に飲んだのか。最も多かったのは「ランチタイム」(68人)。そして、「仕事を早めに切り上げた後に」(56人)、「仕事がうまくいかなかった時の気分転換に」(19人)と続いた。

さらに、調査では「ランチ時に缶ビールを1缶飲み、午後のリモート会議の時に空き缶が画面に映ってしまった」、「自分では仕事を早めに終わらせて飲んだ時に限って、普段は電話なんかしてこない上司から電話があった」とのコメントも寄せられた。

調査は21年3月17日〜21日にインターネット上で実施された。

×