キリンビール社長の急逝受け「ありがとう布施さん」 ローソンが店内で弔意示した理由

キリンビール社長の布施孝之氏(享年61歳)の訃報を受け、ローソンの一部店舗で弔意を示すメッセージが掲出された。

ローソン広報部は2021年9月8日、J-CASTニュースの取材に「何とかこれまでの感謝の気持ちや弔意をお伝えしたいと考えました」と話す。

■ローソン社長が主導

メッセージは、キリンビール本社がある東京都中野区内のローソン11店舗に掲出された。キリンビールの商品が並ぶ一角などに「ありがとう布施さん」「ありがとう一番搾り」「ありがとう本麒麟」「ありがとう氷結シリーズ」と書かれたポスターを飾った。

キリンビールが布施氏の死去を発表した3日に準備を始め、6日から順次掲出した。親交のあった竹増貞信社長が中心となって進めた。

「突然の訃報に竹増が大きなショックを受け、すぐにお線香をあげたい思いがございましたが、コロナの影響で難しかったため、何とかこれまでの感謝の気持ちや弔意をお伝えしたいと考えました」(ローソン広報部)

キリンビールからは、布施氏の人柄を反映するように「布施社長ははにかみながらも笑顔で喜んでいると思います」とのコメントがあったという。

掲出は2週間ほどを予定している。

関連記事(外部サイト)