飲み物に「とろみ」をつけることができる自動販売機が存在感 高齢者を中心に需要

記事まとめ

  • 飲み物に「とろみ」をつけることができる自動販売機が存在感を増している
  • 全国約200台にのぼり、担当者は「公共機関の手すりのような存在になりたい」と話す
  • 「人前でむせてしまい恥ずかしい」と、外出を控えるようになった人もいるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております