「今治タオル」創業90年の老舗が作った冷感マスク 着用時の冷涼感や清潔さ追求

「今治タオル」創業90年の老舗が作った冷感マスク 着用時の冷涼感や清潔さ追求

「今治タオル」創業90年の老舗が作った冷感マスク 着用時の冷涼感や清潔さ追求の画像

今治タオルを製造・販売するハートウエル(愛媛県今治市)は、夏の使用に特化した冷感・抗菌生地を用いたマスクの予約を、クラウドファンディングサイト「Makuake」で受け付けている。

肌に触れると冷たく感じる糸を使用したガーゼ生地

原材料には農薬や除草剤を使用していない有機栽培のコットンを採用している。マスクの内側は柔らかく、肌に触れると冷たく感じる冷感糸を使用したガーゼ生地で、水分の吸収、拡散、蒸発を促進し、肌を快適な状態に保つ。紫外線カットの機能も備えられている。

外側には、タオル織機でゆっくり織り上げた通気性の良いガーゼ生地が使われている。内側の冷感生地とあわせると4層構造だ。

立体構造で呼吸がしやすく、夏場の着用を想定してサイド部分の露出を増やして涼しさを感じられるよう工夫された。またポケットが付いており、不織布を入れたり、紙おしぼりを濡らしてポケットに入れて濡れマスクとして使用することもできる。

発表資料によると、高級タオルやベビー用品の製造で培ってきた技術を生かし、着用時の冷涼感や清潔さを追求した冷感マスクに仕上がっているという。生産は、タオル工場で仕入れから縫製まで一貫して行う。

カラーは、アイボリー、グレー、ネイビーの3色。裏地は3種とも汚れが目立ちにくいグレーになっている。サイズはS〜M、M〜Lの2種類。

価格は1枚2510円(税込)。

Makuakeのサイト上では20年7月26日まで、特別価格で先行購入予約を受け付けている。7月末より発送を開始し、8月中の全商品の出荷完了を予定。なお、在庫が安定次第、自社の通販サイトなどでも販売するとのことだ。