惜しむ声止まず、オリンパスの「カメラ」売却 ブランドは残るけど...

オリンパスがデジタルカメラなど映像事業をファンドに売却 カメラファンから惜しむ声

記事まとめ

  • オリンパスがデジタルカメラなど映像事業をファンドに売却し、分社化すると発表した
  • スマートフォンの普及で苦境に立たされ、映像事業は3期連続で赤字を計上していた
  • 売却後もブランドは残るようだが、カメラファンの間では惜しむ声が聞こえている

惜しむ声止まず、オリンパスの「カメラ」売却 ブランドは残るけど...

惜しむ声止まず、オリンパスの「カメラ」売却 ブランドは残るけど...

惜しむ声止まず、オリンパスの「カメラ」売却 ブランドは残るけど...の画像

オリンパスデジタルカメラなどの映像事業をファンドに売却して分社化すると発表した。オリンパスは映像事業部門で「OM-D」「PEN」といったミラーレス一眼カメラやICレコーダーなどを手掛け、長年にわたり消費者に親しまれてきた。売却後も「OM-D」「PEN」などのブランドは残るようだが、カメラファンの間では惜しむ声が聞こえる。

「内視鏡カメラの会社」色強める

オリンパスは1936年からカメラの製造、販売を手掛ける名門メーカーだ。1959年には小型軽量のハーフサイズカメラ「オリンパスPEN(ペン)」を発売。1970年代には当時「世界最小・最軽量」とされた「OM-1」「OM-2」などの一眼レフカメラを発売。初代ペンやOMシリーズは人気を呼び、ニコン、キヤノンに次ぐ第三勢力の一角を占めた。

ところがスマートフォンの普及でカメラメーカーは苦境に立たされ始め、オリンパスの映像事業は2018年3月期から3期連続で赤字を計上していた。

映像事業部門の売却先は、投資会社の日本産業パートナーズが運営するファンドとなる。日本産業パートナーズはソニーのパソコン事業を買収した実績がある。

オリンパスは赤字のかさむ映像事業部門を新会社として分社化した後は、世界で約7割のシェアを占める内視鏡カメラなど主力の医療機器分野へ集中する。

同社によると、「オリンパスは1950年に世界で初めて実用的な胃カメラの試作機を開発し、世界最先端の消化器内視鏡製品を産み出し続けることで圧倒的な世界トップシェアを維持してきた」という。

人間ドックなどで胃や大腸などの内視鏡カメラの検査を受けたことがある人なら、医師が操作するカメラにオリンパスのロゴが書かれているのを見たことがあるだろう。

日本は内視鏡カメラの技術だけでなく、内視鏡カメラを使った診察や手術などの医療技術でも世界トップレベルとされる。その多くを支えるのが、顕微鏡やカメラを通じて培われたオリンパスの光学技術や電子映像技術というわけだ。

ミノルタの「α」はソニーに

それにつけても、今日までオリンパスがたどった道のりは平たんではなかった。2011年には巨額の損失を隠す不正会計がに発覚し、経営危機に陥った。その後は低価格帯のコンパクトデジカメから撤退するなど、本業の映像事業部門を縮小し、医療機器分野に経営資源を集中してきた。

その結果、オリンパスは売上高の8割を医療機器分野が占めるなど、一般消費者向けのカメラメーカーというよりも、内視鏡専業メーカーに近づいていった。

ニコン、キヤノンに続く第三勢力のカメラメーカーは、ミノルタがコニカと2003年に経営統合したほか、「α」ブランドで知られた旧ミノルタのデジタル一眼レフカメラ事業は提携先のソニーに譲渡した。現在も「α」ブランドはソニーのカメラやレンズとして存在する。

オリンパスの伝統ある人気ブランド「ペン」や「OM」シリーズも、メーカーが替わったとしても当面は存続するとみられる。しかし、名門と言えども、オリンパスの一般カメラメーカーとしての名は、ミノルタ同様、消滅してしまうのだろう。