「合唱用マスク」声が通りやすい 「抗ウイルスガーゼ」付けると感染予防に

合唱用マスク"唄いマスク"販売 マスクを着用していても発声、呼吸しやすいのが特徴

記事まとめ

  • ステージ衣装の製造・販売を手掛ける奧山が販売する、合唱用マスク「唄いマスク」
  • マスクを着用していても発声、呼吸しやすい点が特徴だという
  • 合唱や声楽、楽器演奏者だけでなく、美容など他業界からも注文が入っているとか

「合唱用マスク」声が通りやすい 「抗ウイルスガーゼ」付けると感染予防に

「合唱用マスク」声が通りやすい 「抗ウイルスガーゼ」付けると感染予防に

「合唱用マスク」声が通りやすい 「抗ウイルスガーゼ」付けると感染予防にの画像

ステージ衣装の製造・販売を手掛ける奧山(東京都荒川区)は、合唱用マスク「唄いマスク」を販売中だ。現在FAXとメールで注文を受け付けている。

声が通りやすいよう、アゴ部分を開放した形状のマスクだ。

マスク内部にはフィルター機能

マスクを着用していても発声、呼吸しやすい点が特徴。マスクの内側には「接触冷感布地」を使用しており、夏でも熱がこもるのを防ぐ。吸湿速乾に優れており、眼鏡が曇りにくい。

また、マスク内部にはポケット状の空洞があり、ティッシュペーパーやキッチンペーパーを入れられるフィルター機能付き。

「抗ウイルスガーゼ」が付属しており、これをマスクの外側につけると感染予防につながるという。首回りが隠れるほどの大きさで、着脱可能だ。

発表資料によると、合唱や声楽、楽器演奏者だけでなく、飲食店、教育、物流・配送、美容業界など他業界からも注文が入っているという。

マスクは洗って繰り返し使え、白と黒だけでなく様々な色から選べる。さらに、柄も複数のものから選択でき、団体・企業用にプリントもできる。大人用だけでなく、子どもサイズの製造の要望にも応じる。

10枚1ロットから注文可能。価格は素材や機能の組み合わせによって異なり、1枚650円(税別)から。