今度は「コナン」スノードームで返金騒動 運営会社に原因と再発防止策を聞いた

今度は「コナン」スノードームで返金騒動 運営会社に原因と再発防止策を聞いた

今度は「コナン」スノードームで返金騒動 運営会社に原因と再発防止策を聞いたの画像

アニメやゲームとコラボしたファッションブランド「SuperGroupies(スーパーグルーピーズ)」を運営するアニウェア(東京都渋谷区)は2020年10月19日、アニメ「名探偵コナン」とコラボレーションしたスノードームの返品・返金対応を行うと発表した。同社は過去にも、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のキャラクターをイメージにした時計で同様の対応を行っている。J-CASTニュースは、アニウェアに、今後の再発防止策などを取材した。

コロナ禍によって製造ラインがストップ

今回、返品・返金対応を行うことになった商品は「名探偵コナン×SuperGroupies スノードーム各種」。ラインナップは、江戸川コナン、毛利蘭、怪盗キッド、赤井秀一、安室透の5種で、価格は各9800円(税別)。高さ16センチほどのインテリアオブジェで、透明なドームの中に、キャラクターやそれに関連するもののミニチュアフィギュアが入っている。

この商品は、2019年10月7日まで予約を受け付けており、20年2月下旬に発送する予定だったが、発送に遅れが生じてしまった。そして予約受付から約1年経た、ことし10月中旬、ようやく購入者のもとに商品が届き始めた。しかしSNS上では、「出来が悪い」、「傷多すぎる」といった不評が相次いだ。そして19日、「SuperGroupies」公式サイト上で返品・返金対応を行うことが発表された。

J-CASTニュースの取材に対し、アニウェアは20日、度重なる納期の遅れや、商品に不備が発生してしまった背景・原因についてこう回答した。

「根本的な原因は弊社側の製造品質管理の甘さにあると考え、お客様に多大なご迷惑をおかけしたことを深く反省しております。
その要因となったのは、製造委託現場である中国国内において本年始めからのコロナ禍によって製造ラインがストップし、徐々に復帰した後も複数の部材製造現場間の調整ややり取りに多くの支障が発生し混乱をきたしました事です。通常このような場合、発注元である私共から現地に管理監督者を派遣し調整や最終検品にあたり事態を収拾させることが必要ですが、渡航制限によりこのような対策が取れず、お客様にお約束したお届け日程をなんとか守ろうとした結果であります」

「慎重のうえにも慎重を期すため新たな業務フロー見直し」

同社は2017年にも、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボした腕時計、「蜂須賀虎徹 モデル 腕時計 リストウォッチ 刀剣乱舞-ONLINE-」で同様の対応を行っている。こちらは、製造上の不備によりベルトの長さが想定のものより長めになってしまっていた。そのために、「ベルトの仕様を変更した商品との交換」または「返品・返金対応」を行うこととなった。アニウェアはこの時に、企画からサンプル作成、版権元様監修から製造にいたる業務フローを見直し、ステップごとの確認を厳密に行うことで再発防止に努めたという。

しかし、2020年ふたたび同様の事態が起こってしまった。アニウェアは、ファッショングッズ以外の製造経験が不足していたことが原因だと振り返り、今後はファッション分野に注力しつつ新規商材には慎重に当たるとした。

「私共は主にキャラクターにコラボしたファッションアイテムを扱うものですが、今回のスノードームはそうした商品カテゴリーに収まらず、端的に申し上げれば製造に関する経験が不足していたことは否めません。これによりお客様に多大なご迷惑をおかけしたことは誠に申し訳なく痛恨の極みでございます。今後は私共の主軸であるファッションアイテムの分野に改めて注力しつつ、新規商材の開発にあたっては慎重のうえにも慎重を期すため新たな業務フロー見直し構築して参る所存です」