「東京マスクランド」その全容 入場無料、マスク着けて「映える」写真撮れる

「東京マスクランド」12月「オープン 入場料無料で「WEGO」の人気マスクも販売

記事まとめ

  • 「東京マスクランド」が20年12月1日〜30日の期間、神奈川県の「アソビル」に登場する
  • 「東京マスクランド」は、2019年に「東京タピオカランド」を手掛けたスターズが開催
  • 完全入場料無料で、マスクを着けたまま「映える」写真が撮れるフォトブースなども

「東京マスクランド」その全容 入場無料、マスク着けて「映える」写真撮れる

「東京マスクランド」その全容 入場無料、マスク着けて「映える」写真撮れる

「東京マスクランド」その全容 入場無料、マスク着けて「映える」写真撮れるの画像

マスクをテーマにしたイベント「東京マスクランド」が、神奈川県の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」にオープンする。

2019年にフードイベント「東京タピオカランド」を手掛けたスターズ(東京都港区)が、開催する。期間は20年12月1日〜30日。発表資料で、その中身が明らかにされた。

250種類以上のマスクからスタッフが客に提案

今回の「東京マスクランド」では、「新しいマスクとの出会いを楽しむこと」をコンセプトにあらゆるコンテンツを展開する。完全入場料無料。

メインとなるのは「マスクショップコーナー」だ。250種類以上のマスクから、マスクランド公認スタッフが年齢や好みに合わせたマスクを客に提案する。アパレルショップ「WEGO」が手掛ける人気のマスク30種類以上も同イベントで販売するとのことだ。

マスクの歴史や真実が学べる「マスクの歴史」コーナーでは、普段は見られないレアなマスクを展示する。ここでは、一風変わったマスクの着用体験もできるという。

また、マスクを着けたまま「映える」写真が撮影できる「マスクフォトブース」や、手作りマスクやデコレーションが体験できるコーナーも設置予定だ。