2021年の正月おせち市場が「例年にないほど盛況」 感染予防と贅沢が大きなテーマ

記事まとめ

  • 松屋のアンケート調査によると、2021年正月を「自宅で過ごす」と回答した人は73.6%
  • 海外旅行や帰省を控えざるを得ない中、おせちを自宅で豪華にの傾向が広まる可能性も
  • ぜいたくを求める声を重視し、高島屋では「夢の饗宴おせち」(10万8000円)が登場

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております