ミステリアスなパープルとゴシック ヴィランズたちの棲み処にお泊り

ミステリアスなパープルとゴシック ヴィランズたちの棲み処にお泊り

ミステリアスなパープルとゴシック ヴィランズたちの棲み処にお泊りの画像

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(東京都港区)は、「ヴィランズルーム」を2020年12月25日まで提供する。

2種の宿泊プランとデイユースプラン

隅田川の景色を堪能できるリバービュールームが、ヴィランズ(悪役)の棲み処をコンセプトとしたゲストルームになって登場。黒やゴールドで装飾されたミラーや、黒と白の花柄模様を施した壁、アンティーク調のライトスタンドなどを設けた、紫と黒のファッショナブルな客室に宿泊する。ミステリアスなパープルとゴシックの世界を満喫できるという。

宿泊プランでは、客室でのアフタヌーンティー、もしくは「ハーバービューテラス」でのスイーツブッフェを楽しめる。人気のブッフェレストラン「シェフズライブキッチン」での朝食付きだ。料金は5万1000円〜。

また、アフタヌーンティー付きのデイユースプランも用意。3時間のショートステイ(2万1000円)または長時間滞在可能な7時間プラン(3万3000円〜)から選択できる。1時間あたり3000円の追加料金で延長が可能だ。

いずれも1室2人利用時の料金。