片桐仁が偉人ならぬ「胃人」に 「明治プロビオヨーグルトLG21」ウェブ動画

片桐仁が偉人ならぬ「胃人」に 「明治プロビオヨーグルトLG21」ウェブ動画

片桐仁が偉人ならぬ「胃人」に 「明治プロビオヨーグルトLG21」ウェブ動画の画像

明治は「明治プロビオヨーグルトLG21」(以下、LG21)のウェブ動画「胃人ちゃんねる」を、2020年11月30日に公開した。俳優の片桐仁さんが出演。公式ユーチューブチャンネルとLG21製品サイトで視聴できる。

片桐さんは胃と偉人をかけた「胃人」を演じる。胃人とは、「LG21とともに現代を賢く生きる人」としている。「胃人カタギリ」はさまざまな料理を食べながら、現代の諸問題を胃から前向きに解決する。

苦手な生トマトを知らずに食べて...

動画は全3編。胃をイメージした「胃の間」で片桐さんとアシスタントが軽妙なやりとりを繰り広げる。第1話「ガッツリメシ食べてみた」編は「リモート生活で人と会わないから、ニオイ強めのガッツリメシ食べがち」問題がテーマ。LG21を手に、「胃人はガッツリメシも楽しめちゃう」と語る片桐さん。辛ねぎが盛られた担々麺を楽しげに食べていく。

第2話「食住衣と向き合ってみた」編で取り上げるのは、「好きなものばかり食べてしまう問題」だ。片桐さんは「偏食は体によくない」と話すも、出された料理にはサプライズで苦手の生トマトが入っている。撮影は一発撮り。知らないうちに苦手なものを口にしてしまった片桐さんの、素の反応が楽しめる。

第3話「ニューノーマルな食事食べてみた」編は、新しい時代の食生活がテーマ。自家製というサーモンのグリルを食べると、片桐さんは「食のスタイルはどんどん変わっていくから、LG21こそこれからのスタンダード」と呼びかける。

生トマトを食べた時の片桐さんのリアクションや、「胃」を模して入念に作り上げられた髪型にも注目だ。