喫煙者はコロナ感染で「すごい悪くなる」 九重親方の闘病でリスクの高さに再注目

喫煙者はコロナ感染で「すごい悪くなる」 九重親方の闘病でリスクの高さに再注目

喫煙者はコロナ感染で「すごい悪くなる」 九重親方の闘病でリスクの高さに再注目の画像

新型コロナウイルスに感染していた九重親方(44)=元大関千代大海=が2021年2月18日、デイリースポーツやスポーツ報知の取材に応じ、闘病体験を語っている。その中で親方は「感染したらたばこ吸っている人はすごい悪くなるから」と、「喫煙」が悪影響を及ぼすことを強調、インターネットなどでは改めて新型コロナとたばことの関係に注目が集まっている。

一時は肺が真っ白に

親方は1月18日に検査で陽性と分かった。その後、肺炎になり重症だったことを明かした。現在は後遺症もないというが、一時は声も出せない状態で、肺が真っ白になるなど深刻な病状だったという。

「最初はけろっとしているんですよ。何にもどこも悪くないし、何かちょっとのどが痛いなとか、鼻が乾くなという程度なんですよ。そこからたばこを吸っている人は、コロナの終わりかけに肺炎になる、そこで亡くなる人もいるし。だからコロナになって2週間後に死んだというのは最後の方に肺炎になって亡くなる。これは身を持って分かったから」とデイリースポーツの取材に語っている。

親方自身は自分が喫煙者かどうか明らかにしていないが、「喫煙」のリスクを痛感したようだ。

記事が掲載されたヤフーには、「こういった実体験を話してもらえると、よりコロナの怖さがわかる」「若いひとは重症化しにくいと聞きますが、最近の若い人はタバコを吸う人が少ない。それも関係あるのかな?と、親方の話を読んで思いました」「角界は意外にも喫煙率高いと思うが普通じゃないカラダに糖尿も多い。心疾患を予防するためにも禁煙を広めて欲しい」などのコメントが出ていた。

死の危険性が非喫煙者の3倍

新型コロナと喫煙との因果関係については、これまでに何度も医療関係者が指摘している。日本呼吸器学会のウェブサイトは2020年11月20日、「新型コロナウイルス感染症とタバコについて」という記事をアップデート。以下の4点を訴えている。

1. 喫煙は新型コロナウイルス肺炎重症化の最大のリスクです
2. 三密「密閉」「密集」「密接」の喫煙室は濃厚接触の場です
3. 家にいても家族・近隣への受動喫煙を増やさないでください
4. あなた自身と家族、同僚を守るため、この機会に禁煙を!

喫煙者は、重症化や死亡する危険性が非喫煙者の3倍以上になること、基礎疾患(糖尿病、高血圧など)よりも重症化のリスクが大きく、世界保健機関(WHO)も「禁煙」を強く推奨する声明を出していることなどが強調されている。

喫煙が悪影響を及ぼすメカニズムについてはすでに20年6月、東京・中野区の医師会サイトが解説している。それによると、新型コロナウイルスは人の気道などにあるACE2受容体という場所から体内に侵入することが解っている。このACE2受容体の数が、タバコを吸っている人では増加し、子どもでは少ない。つまり、タバコを吸っている人は新型コロナウイルスが気道から体内に入りやすく、子どもでは入りにくい。そのためタバコを吸っている人は重症になり易く、子どもは重症になりにくいのではないかと考えられているのだという。