KFCが新フレーバー 「バジルアボカドツイスター」

KFCが新フレーバー 「バジルアボカドツイスター」

KFCが新フレーバー 「バジルアボカドツイスター」の画像

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、「バジルアボカドツイスター」を2021年2月24日に発売する。

レモンバジル風マヨソース、アボカドフィリング入り

今年で20周年となる人気定番メニュー「ツイスター」。チキンと野菜をトルティーヤで巻いたもので、同社ならではのおいしさとワンハンドで食べられる手軽さが愛されてきた。

新フレーバーの登場は20年4月の「ピリ辛担々ツイスター」以来。バジルとレモンの香りが爽やかな特製レモンバジル風マヨソースと、たまねぎの食感が楽しめるクリーミーなアボカドフィリングの2種のソースが入っている。にんにくとしょうゆの味がクセになる、ザクザクの「カーネルクリスピー」とは相性抜群だ。新鮮なレタスも一緒にトルティーヤで包み、春らしいツイスターとなった。

価格は340円。ポテト(S)・ドリンク(M)とのセット(660円)、骨なしケンタッキー・ポテト(S)・ドリンク(M)・ミニアップルパイと組み合わせたボックス(860円)も提供する。価格はいずれも税込み。