ショート缶ならではの凝縮感 「キリン 午後の紅茶 エスプレッソティー微糖」

ショート缶ならではの凝縮感 「キリン 午後の紅茶 エスプレッソティー微糖」

ショート缶ならではの凝縮感 「キリン 午後の紅茶 エスプレッソティー微糖」の画像

キリンビバレッジは、発売35周年を迎える「キリン 午後の紅茶」から「エスプレッソティー微糖」を、2021年3月16日に発売する。

「ショート缶コーヒー」のメイン購入層ではあるものの、昨今「ペットボトルコーヒー」「紅茶」カテゴリーに流出しつつある30〜40代男性がターゲット。エスプレッソティーの報酬感とショート缶らしい少量凝縮感が楽しめ、缶コーヒーとは違ったぜいたく感がある。重厚な飲みごたえと微糖という組み合わせも新しい。

世界三大銘茶であり力強い風味の「ウバ茶葉」と、高温高圧の「エスプレッソ抽出製法」を採用。茶葉の芳香と心地よい渋みを十分引き出した濃厚な紅茶に、ミルクのコクを加えた。ぜいたくでマイルドな味わいに仕上がっている。飲みごたえや素材・製法へのこだわりはパッケージにも表れている。濃紺の背景に金色をあしらい、スタイリッシュなデザインとした。

185グラム缶、希望小売価格は115円(税抜)。

×