神ってる!出雲駅伝2連覇を成し遂げた青学大・原晋式勝てるチームマネジメント

神ってる!出雲駅伝2連覇を成し遂げた青学大・原晋式勝てるチームマネジメント

『人を育て 組織を鍛え 成功を呼び込む 勝利への哲学157 〜原晋、魂の語録』(ぴあ刊)

コーラ作戦。

青山学院大学陸上競技部・原晋監督は、「自分の長所や強みを仲間に分かってもらうため、思っていることがあったら、心のふたを開けて、プシューっと一気に表に出す」作業をこう名づける。

自分の持ち味を最大限発揮してもらうため、メンバーに対し、意識的にこの作業をしてもらうことがあるという。

そんな原監督の著書『人を育て 組織を鍛え 成功を呼び込む 勝利への哲学157 〜原晋、魂の語録』(ぴあ刊)が11月1日より発売となる。

原監督といえば、就任5年目にして青学大33年ぶりとなる「箱根駅伝」に出場、さらに「箱根駅伝」を連覇するなどの強豪に育てあげた名指揮官。サラリーマン時代の経験を生かし、当たり前とされてきた体育会系の指導方とは異なる独自のスタイルで結果を出し、その指導法が注目されている。

本書は、そんな原監督の過去から現在における発言の数々を「語録」としてまとめた1冊。管理者・管理職として組織をどのようにまとめ、育て、目標を設定し、勝利へと導くのか? 4つの章にわけて、“原晋式勝ちパターン”の作り方を紹介している。

社会、人生、子育てなど、さまざまなシーンでの悩みに何かしらヒントを与えてくれる、そんな一冊といえるだろう。
(新刊JP編集部)