年収が低い人と高い人の差はココに出る

年収が低い人と高い人の差はココに出る

年収が低い人と高い人の差はココに出る

もっと年収が高ければいいのに…と思っている人は少なくないでしょう。しかし今後、会社員として働き続けても、大幅な昇給はそう見込めず、また生涯収入も予想がついてしまいますよね。

その一方で、この世の中には年収1億円以上稼いでいる人もいます。

『年収1億円を稼ぐ人、年収300万円で終わる人』(学研マーケティング刊)の著者、午堂登紀雄さんは、本書の中で「年収1億円の人」と「年収300万円の人」の違いを書き出します。そして、考え方、仕事の仕方、心構えなど、両者にはあらゆる面で大きな違いがあるようです。

では、一体どんな違いがあるのでしょうか。2つ、ご紹介しましょう。

■年収300万の人は「人に迷惑をかけないよう」に生きるが…

「人に迷惑をかけない」のはとても大事なこと。しかし、時に人に迷惑をかけることを恐れすぎると、次第に失敗することまで恐れてしまうようになってしまいます。その結果、何も挑戦しない人になってしまうのです。

しかし、年収1億円の人は「今は迷惑をかけても、いつか成功して報いよう」と割り切ります。もちろん、迷惑をかけないことに越したことはありませんが、そもそも迷惑をかけたり、周囲とあつれきが生まれることを恐れている人には、成功やってきません。

■年収300万円の人は「世の中は甘くない」というが…

「こつこつ努力することが大事」「世の中は甘くないから」といった定番のお説教のセリフ。

しかし、これらも年収が低い人の発想なのだそうです。このセリフの裏には「苦労は美徳であり、それに耐えてこそ力がつく」という考え方があります。

これに対し、高い年収を得ることができる人は、不得意なこと、つまり“苦労”が必要なことなどはどんどん避け、自分の得意なことに専念しようとします。得意なことなのだから、やり続けてもストレスは感じませんし、「世の中は厳しい」とも思いません。

苦手なことや嫌いなことは捨てて好きな分野の力を蓄えるというのが高収入の人の発想です。

 ◇

あなたの考え方は「年収300万」でしょうか? それとも「年収1億円」でしょうか?

この他にも両者の様々な違いがあります、「もっとお金を稼ぎたい!」「今の生活を変えたい!」という人は、自身の行動・思考のパターンをチェックして、「稼げる人」のそれを取り入れてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)