まとうもので人は変わる。一流スタッフを育て、働く人を美しく魅せる、奥深きユニフォームの世界

まとうもので人は変わる。一流スタッフを育て、働く人を美しく魅せる、奥深きユニフォームの世界

『なぜ、ユニフォームは、働く人を美しく魅せるのか? ―― 仕事服(ユニフォーム)の「なせ?」と「魅力」をこの一冊に』(ダイヤモンド社刊)

学校や部活動、そして職場。
人生で一度くらいは、何かしらのユニフォームに身を包んだことはあるだろう。

現在、日本では官民含めておよそ90%の組織団体がユニフォームを制定している。海外の映画やニュースなど、中学生や高校生が私服で通学している姿を目にしたことがある方も多いと思うが、このことからもわかるように、日本は海外と比べても、ユニフォームの需要が非常に高い「ユニフォーム大国」なのだ。

数字的なところでみてみると、その市場規模は、コンサートやフェスなどに代表される、ライブ・エンタメ業界と同程度の5,000億円にのぼる。これだけの市場規模をもち、目にしない日がないくらい身近な存在であるユニフォームだが、その存在が改めて意識される機会は滅多にないのが実際だろう。

知っているようで知らない。そんなユニフォームのニッチな世界を垣間見ることができる書籍『なぜ、ユニフォームは、働く人を美しく魅せるのか? ―― 仕事服(ユニフォーム)の「なせ?」と「魅力」をこの一冊に』(長尾孝彦著、ダイヤモンド社刊)が、このたびダイヤモンド社より刊行された。
著者である長尾孝彦氏は、国内有数のユニフォームメーカーである住商モンブラン社の代表。住商モンブラン社は、ドクターや看護師といった医療従事者、飲食店や食品工場、そしてアミューズメント施設など、サービス業のための『サービスユニフォーム』を取り扱っている会社だ。
五大商社の一角を担う、住友商事出身で、数十年にわたり繊維畑を歩んできた著者が、ユニフォームの製造からマーケティング、さらには経営的な要素までを網羅的に語った、これまでにない書籍となっている。

■超大手グローバルアパレルメーカーですら参入を断念したユニフォーム業界

実は、ユニフォームビジネスは一般的なアパレルビジネスとはまったく違う。
本書では、アパレル企業での社長経験ももつ著者いわく、ユニフォーム業界では、生産方法から在庫量、流通のスピード、求められるデザインや機能、品質のレベルなど、アパレルの常識が一切通用しないという。

例えば、ユニフォームに求められる特有の機能や要素として、次の4つのポイントがある。

長時間の作業や動きやすさを求める「快適性」
ユニフォームを着る人と職場を守る「安全性」
工業洗濯での私服の数倍となる過酷な洗濯条件に耐えられる「洗濯耐久性」
5年後、10年後でも陳腐化しないデザインを考慮した「継続性」

この4つを具体的に見ていこう。

まずは「快適性」。
1日の中で、私服よりも長く着用するユニフォームは、着る人の負担を減らすための工夫が施されている。
例えば、看護師は毎日何度も患者の点滴を取り換える作業があるが、その際に腕を上げ下げする。このとき、肩周りがごわついたユニフォームでは体に大きな負荷がかかるので、伸縮性のある生地が使われている。また、女性の看護師の場合、半袖の脇部分から下着が見えないようなデザインになっているのも特徴の一つだ。

続いては「安全性」だ。
着る人の安全性を守るユニフォームは、着用シーンによって優先順位は異なるが、防火性、UVカット、防寒性、職場での事故防止などに対応できることが求められている。
例えばシェフのユニフォーム ―― いわゆるコックコートが代表例だ。コックコートの生地は綿100%だが、これは調理中に万が一火が燃え移っても、綿という素材の特性上すぐに灰になるので、やけどのリスクが低くなる。
職場の安全面としては、医療機関で着用されるユニフォームに施された工夫があげられる。制菌や抗ウイルス加工が施されており、院内感染の防止に役立っている。

3点目の「洗濯耐久性」は、ユニフォームならではの必須要素だ。
食品工場や医療機関では、レンタルユニフォームが使われていることが多く、洗濯も業者が請け負っている。その際の洗濯は、「工業洗濯」が一般的である。
工業洗濯は、洗浄力の強い洗剤を用い、高温洗浄、高温乾燥で行われる。しかも、洗濯の回数も私服の数倍となるため、生地にダメージを与えやすい。そのため、それらの過酷な条件にも耐え得る強度が欠かせないのだ。

最後は、一般アパレルと最も違う点である「継続性」。
同じ服を数年間、あるいは数十年間着ていても、古さを感じさせないデザイン性。そして、継続して安定的な供給ができ、いつでも大量納品できる在庫力。一般のアパレルのように、シーズンごとに新たな商品を作って販売するという考え方とは真逆である。
また、使っている生地が生地メーカーで廃番になってしまうと、同じものが安定供給できなくなってしまうので、「継続性」は非常にシビアな要素だと言えるだろう。

■一流スタッフが育つ? 求人への応募が増える? ユニフォームがもたらす意外な効果

説明してきた通り、ユニフォームは着用する人たちの業務内容や環境で発生する様々なニーズに対応し、着用者の働きやすさを上げる役割を果たしている。
だが、ユニフォームの役割はそれだけではない。ユニフォームはチーム力の強化にも一役買っている。

スーパーやドラッグストア、コンビニなどの小売店において、ユニフォームは「CI(コーポレート・アイデンティティ)」を表現するためのツールになっている。

そのため、昨今の大手チェーンのスーパーなどでは、ユニフォームを変える際に、ユニフォーム検討委員会が作られ、メーカーとともにデザインを考えるという。
そして、売り場ごとに求められる機能を変えながらも、全体を通して統一感のあるユニフォームを作り上げていく。

そこから生み出されるのは、売り場や部署の間にある溝を埋める連帯感やチーム力だ。
自分たちの出した意見が反映されたユニフォームには愛着も出る。著者はこうしたユニフォーム作りの中で、「みんなで決めたユニフォームを着ることで働くモチベーションが上がった」といった声もよく聞くという。

同じ職業や同じ職場の仲間と同じユニフォームを着ていることで、性別、国籍などを超えて強い連帯感が生まれる。これもユニフォームの大きな効果の一つであり、役割なのである。外国人労働者が多い工場では、皆が同じユニフォームを着ることでギクシャクした雰囲気が和らいだという話もあるようだ。

本書は、住商モンブラン株式会社が手がけてきたユニフォームに詰め込まれた技術や、長尾氏がデザイナーのコシノジュンコ氏やシェフのハインツ・ベック氏らとユニフォームの可能性やあるべき姿などを語る対談など、さまざまな角度からユニフォームに光をあてる。

普段何気なく着ているユニフォームだが、実はその隅々に着用する人たちへの配慮が施されている。そんなユニフォームへの「熱意」「こだわり」「工夫」を伝える本書から、ビジネスにおいて必要不可欠なマインドを感じ取ることができるはずだ。

(新刊JP編集部)

関連記事(外部サイト)