転職理由にU・Iターンや土日祝日に休みたい - "働き方"への関心高まる

転職理由にU・Iターンや土日祝日に休みたい - "働き方"への関心高まる

画像提供:マイナビニュース

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が5月23日、同サービス利用者を対象に、転職理由についての調査を実施し、その結果を発表した。同調査によると、"働き方"への関心が高まり、待遇や環境の改善のために転職を考える人の割合が上昇しているという。

同調査は、2016年10月〜2017年3月のあいだに「DODA」に登録した転職希望者のうち約3万5千人を対象に実施したもの。結果は2012年上半期(2012年4〜9月)から9回連続で「ほかにやりたい仕事がある」(12.8%)が首位となり、次いで「会社の将来性が不安」(9.7%)、「給与に不満がある」(8.0%)となった。

なお今回の調査において「給与に不満がある」「U・Iターンしたい」「残業が多い/休日が少ない」「土日祝日に休みたい」などの割合が増加したことなどから、同調査では「待遇や就業環境など"働き方"を改善するために転職活動を始めた人の割合が上昇した」と分析している。

また業種別(8種)の転職理由で最も多かったのは、メーカーでは「会社の将来性が不安」、他の7業種では「ほかにやりたい仕事がある」だった。加えて、IT・通信、金融、メーカー、商社・流通、小売・外食の5業種では「会社の将来性が不安」の割合が、過去の調査と比較して上昇しているという。

このほか、IT・通信では「給与に不満がある」が、サービス、小売・外食では「残業が多い/休日が少ない」の割合が上昇。どちらも求人数の多い状況が続いており、残業規制を行うなど、従業員の就業環境の改善に力を入れている企業が増えていることから、同調査では、「これまでの経験を活かせて、働く時間を改善できる求人があれば転職したいと考える人が増えている」と分析している。

一方で男女別では、ともに働く条件に関する転職理由の割合が上昇。男性の転職理由は、上位3つが「ほかにやりたい仕事がある」「会社の将来性が不安」「給与に不満がある」の順で、1位〜7位までと10位は前回と同じだったという。女性の転職理由は、1位が「ほかにやりたい仕事がある」(13.2%)、2位が「残業が多い/休日が少ない」(7.2%)、3位が「給与に不満がある」(5.9%)だった。

関連記事(外部サイト)