5割強の企業がオンラインファイル共有製品の導入を検討

5割強の企業がオンラインファイル共有製品の導入を検討

画像提供:マイナビニュース

アイ・ティ・アール(ITR)は5月25日、ファイル共有製品・サービスに関するユーザー調査を実施し、その結果を発表した。同調査によると、5割強の企業がオンラインファイル共有製品・サービスの新規導入またはリプレースを検討しているという。

まず同調査では、現在のオンラインファイル共有製品・サービス導入状況と、新規導入またはリプレースの予定について聞いた。結果はすでに導入済みの企業は5割弱で、このうち4割の企業ではリプレースの予定があると回答した。未導入の企業についても、6割弱の企業が今後の新規導入を予定していると回答。全体で5割強の企業が製品・サービスへの投資を予定していることがわかった。

続いて、社外へのデータの受け渡し方法について聞いたところ、4割強の企業がオンラインファイル共有製品・サービスの機能を利用していると回答。だが、今後推奨したい方法では、ファイル転送に特化した製品・サービスの利用を望む割合が多かったという。この結果について同調査では「オンラインファイル共有製品・サービスによるデータの受け渡しについて、セキュリティや操作性に何らかの懸念を抱いていることの裏返しであると」と分析している。

関連記事(外部サイト)