ワーゲンが小型車「ゴルフ」刷新、反転攻勢のカギを握るクルマが登場

ワーゲンが小型車「ゴルフ」刷新、反転攻勢のカギを握るクルマが登場

画像提供:マイナビニュース

●自動運転を見据えた最新技術を搭載
独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人であるフォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、主力小型車「ゴルフ」を約4年ぶりに刷新し、発売する。輸入車のベストセラーとしての地位を長きにわたり堅持してきたゴルフも、昨年は排ガス不正問題の影響もあって、BMW「ミニ」にトップの座を明け渡したという経緯がある。VGJが反転攻勢のカギを握るクルマと位置づける新型ゴルフは、再び販売台数トップの座を獲得できるか。

○ハッチバック型コンパクトカーの先駆け

1974年に初代が登場したゴルフは世界的なベストセラーカーで、VWの累計生産台数は3300万台を超える。日本では1975年の発売以来、累計で85万台以上を売った人気車種だ。新型ゴルフ発表会に登壇したティル・シェアVGJ社長は、ゴルフはハッチバック型のコンパクトカーというジャンルを確立したクルマだと表現した。

ゴルフはモデルチェンジごとに各時代で最先端の技術を取り入れ、多くの人に新しい技術との接点を作ってきたモデルでもあるという。例えばアンチロック・ブレーキシステム(ABS)やエアバッグといった設備は、ゴルフが競合他社に先駆けて取り入れてきたとシェア社長は語る。

○「デジタル化」と「トラフィックアシスト」が売り物

新型ゴルフは、7世代目となる現行ゴルフのマイナーチェンジ版ということになる。今回は、「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」の全てが新しくなった。新型で導入となった技術はいくつかあるが、VGJが強調したのが「デジタル化」と「自動運転を見据えた運転支援システム」だ。

デジタル化の分かりやすい例が、ゴルフでは初採用となる「デジタルメータークラスター」だ。スピードメーターなどをグラフィックとして映し出す12.3インチの大型ディスプレイは、VWのカーナビゲーションシステムと連動して地図や経路を表示することもできる。

運転支援システムで特筆すべきは、VWがコンパクトシリーズで初めて導入した渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」だろう。これは、車線を逸脱しないようドライバーをアシストする「レーンキープアシストシステム」と、自動で加減速して先行車を追従する「アダプティブクルーズコントロール」を組み合わせたシステムだ。

トラフィックアシストは時速30キロ以上の走行時で、ドライバーがステアリングに両手を置いているという条件下でのみ使用可能。時速0〜60キロの範囲で自動的に加減速を行い、先行車と一定の車間距離を保ちつつ、車線も維持する。これにより、渋滞走行時のドライバーの疲労軽減が図れるという。

7世代目ゴルフに新規技術が加わり、エクステリアデザインも変更となった今回の新型ゴルフ。価格設定も魅力の1つで、入門しやすい輸入コンパクトカーという立ち位置を確立しているゴルフだが、新型で価格は維持できているのだろうか。

●販売台数でトップに返り咲けるか
○戦略的な価格設定を実現

「250万円を切る戦略的な価格設定を実現した」。ゴルフ発表会に登壇したVGJ営業本部長の長谷川正敏氏は、ゴルフのエントリーモデルである「Golf TSI Trendline」の価格設定に自信を示した。新型ゴルフの価格帯は、ハッチバックのGolf TSI Trendlineが249万9000円で、最も値段の高い「Golf R Valiant」が569万9000円だ。

エントリーモデルの価格は、7世代目ゴルフから据え置きとなっている。この価格設定についてVGJは、「国産車に乗っている人で、輸入車の検討を始めている方に買ってもらえる価格帯として意識」したという。ただし、エントリーモデルには新型ゴルフの特徴の1つであるトラフィックアシストが付いていないので、VGJがアピールする最新の技術を体感したいのであれば、エントリーモデルにオプションで「セーフティパッケージ」を付けるか、1ランク上のモデルを購入したほうが良さそうだ。

○新型ゴルフは反転攻勢の決め手となるか

VGJが2020年に向けた目標として掲げる「Road to 2020」。同計画によると今は反転攻勢の時期であり、2017年は商品を集中的に投入する年と位置づけられている。その目標に沿う形で、今年は1月にコンパクトSUVの新型「ティグアン」を投入し、4月にはVWで最も小さいクルマである小型車「up!」を刷新した。シェア社長によると新車は好調な売れ行きを示しており、2017年1月〜4月のVGJの販売台数は前年同期比で増加しているという。

新型ゴルフはVGJの勢いを更に加速させる可能性を秘めるクルマだ。2017年の9〜10月には、プラグインハイブリッド車(PHV)の「Golf GTE」と電気自動車(EV)の「e-Golf」も発売の予定。日本で電動車の市場を取り込むことができれば、販売台数は更に伸びるだろう。

日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた2003年から2016年までの統計を見ると、ゴルフは年間2〜3万台を販売する人気の輸入車だ。モデル別の販売台数では、2003年〜2015年はトップの座に君臨していたが、排ガス不正問題の影響もあってか、2016年はBMWのミニにトップを譲った。この年の販売台数はゴルフが2万3000台弱、ミニが約2万4500台だった。

「顧客満足度でリーディングインポーターを目指す」。VGJのシェア社長は、販売店との連携強化などで顧客との結びつきを強化し、満足度で評価を高めたいとの考えを示す。満足度が上がれば、台数はついてくるという考え方だ。しかし、ゴルフがベストセラーカーの座から陥落したことには悔しい思いもあったに違いない。

最新技術をアピールしつつ、最も安いモデルでは250万円を切る価格を実現した新型ゴルフ。発売が2017年5月29日であるため新車投入効果は半年分しか見込めないが、2017年暦年の販売ランキングではどのような位置につけるのかに注目したい。
(藤田真吾)

関連記事(外部サイト)