ソフトバンク、新卒採用選考でAIプラットフォーム「IBM Watson」活用

ソフトバンク、新卒採用選考でAIプラットフォーム「IBM Watson」活用

画像提供:マイナビニュース

ソフトバンクは5月29日、新卒採用選考のエントリーシート評価において、IBMが提供するAIプラットフォーム「IBM Watson日本語版」を活用すると発表した。応募者をより客観的に、また適正に評価することを目的に導入するという。

IBM Watsonは、自然言語処理と機械学習を使用したテクノロジー・プラットフォーム。AIを「Artificial Intelligence(人工知能)」ではなく、「Augmented Intelligence(拡張知能)」として人間の知識を拡張し増強するものと定義した点が特徴。

ソフトバンクは、総合職(総合コース・営業コース)志望者のエントリーシートをIBM Watsonを使った評価を5月29日より開始。新卒採用枠に応募可能な入社時30歳未満の既卒者・他企業での就業経験者のエントリーシートも対象となる。

具体的には、IBM WatsonのAPIのひとつであるNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)を活用し、過去データを学習させたIBM Watsonにエントリーシートデータを読み込ませ、項目ごとに評価。合格基準を満たす評価が提示された項目は選考通過、それ以外は人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行うという。

同社はIBM Watsonを活用することで、統一された評価軸でのより公平な選考を目指す。またIBM Watsonの活用により人事担当者がエントリーシートの確認作業に充てる時間を75%程度軽減できるとしている。これにより創出された時間を応募者との対面でのコミュニケーションに充てる考えだ。

関連記事(外部サイト)