経産省主催のイノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2017」

経産省主催のイノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2017」

画像提供:マイナビニュース

今年も経済産業省が、起業家の育成や企業内でび新事業創出の担い手の育成を目的としたイノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2017」への参加者募集が開始している。

同プログラムは、2015年から経済産業省主催で開催されているもので、今年で3回目。企業・研究機関・自治体等でイノベーションの創出や事業化に意欲を持つ人や、起業家、企業を目指す学生など幅広い層を対象としており、グローバル市場への進出や社会課題の解決といった事業目線の高い起業家の育成と、企業からの新事業創出の担い手の育成を図ることを目的としている。

同プログラムに参加することで、「マインドセット」「スキルセット」「事業のブラッシュアップ」「ネットワーク」など、イノベーション創出に必要な要素の習得ができるという。

2017年7月14日から日本国内での研修がスタート。以後、2017年12月16日までの間に、「第1回/イノベーションの理解」(東京・8月5日〜6日)、「第2回/多様性の中で課題を発見する」(大阪・8月26日〜27日)、「第3回/多様性の中で課題を発見する」(東京・9月23日〜24日)、「第4回/成功する事業の作り方」(東京・10月21日〜22日)、「第5回/事業戦略に他者を巻き込む」(東京・11月18日〜19日)、「第6回/最終発表会」(東京・12月16日)のスケジュールで国内研修が開催される。

その後選抜者は、2018年1月22日〜2018年2月4日の12日間、米国シリコンバレーに派遣される。

応募受付期間は2017年6月12日正午まで。定員は120名。詳細・応募は「始動 Next Innovator 2017」のページから。
(CHIGAKO)

関連記事(外部サイト)