佐川急便、一部地域で週休3日制を試験導入

佐川急便、一部地域で週休3日制を試験導入

画像提供:マイナビニュース

佐川急便は6月6日、正社員のトラックドライバーの採用について、一部地域で週休3日制を試験的に導入したことを明らかにした。

○給与は週休2日制の場合と同水準

同社は2017年3月から、東京都と山梨県で週休3日制のトライアルを開始。勤務時間は、1日8時間の勤務時間を延長できる変形労働時間制を活用し、1日10時間勤務とする。給与(1カ月)は東京都が18〜26万円、山梨県が17〜23万円で、週休2日制の場合と同水準となる。今後、トライアルエリアを拡大するかどうかについては未定という。

同社は「弊社のような労働集約型産業の場合、人手の確保が一番の経営課題となっており、数年前からいろいろな働き方を提供できるように、短時間労働者の雇用を増やすなど様々な取り組みを行っている。今回は働き方の多様化または働いている人の多様化を推進していく施策の一つとして、(トライアルを)展開した」と話している。
(御木本千春)

関連記事(外部サイト)