LINEがAIスピーカーで描く明日の生活

LINEがAIスピーカーで描く明日の生活

画像提供:マイナビニュース

●LINEの意欲的な値付け
LINEは6月15日、今後の技術方針などを発表する「LINE CONFERENCE 2017」を開催した。その中で同社は今夏から展開するAIクラウドプラットフォーム「Clova」と、それを搭載したスマートスピーカー「WAVE」を発表した。グーグルやアップルらがスマートスピーカーを発表・導入する中、LINEが描く「スマートスピーカーのある生活」とはどのようなものか。

○最初の製品「WAVE」は意欲的な価格設定

2月にスペインで開催されたMWC2017でLINEが発表していたAIクラウドプラットフォーム「Clova」。その搭載製品として2製品が発表済みだったが、今回改めて今夏の発売が発表され、初めて実機が紹介されたのが「Clova WAVE」だ。

WAVEは高さ20cm強の円錐型をしたスマートスピーカーだ。1ウーファー・2ツイーター構成で、Wi-FiやBluetoothを通じてLINE MUSICの楽曲を流せる他、内蔵するマイクでユーザーからの音声コマンドを拾い、Clova側で処理して合成音声でユーザーに結果を返す。カンファレンスの壇上では実機によるデモも披露されたが、「Clova」と呼びかけてから「今日の天気は?」「今の天気に合った音楽をかけて」などという自然言語によるコマンドをかなり自然な発音の日本語で処理していた。心配される日本語認識については、一定以上の水準を実現していそうだ。

販売価格は1万5,000円。ただし、音楽機能だけを搭載したモデルが夏に1万円で先行販売される。この先行販売モデルは後日正規版が登場したときに、アップデートで正規版相当になるため、単純に「いち早く手に入れた人は安く買える」ことになる。価格から言って、スピーカー本体のハードウェアで利益を出す製品という位置付けでないことは明らかだ。ただし、内部的にはローエンドのAndroidスマートフォン相当であり、スピーカーとしても最小限の装備であることから、原価もさしてかかっていないと思われるため、ある程度売れれば単体でペイするかもしれない。

ちなみに競合製品を見ると、今夏日本上陸する予定のGoogle Homeが129ドル、まだ日本での展開が不明なアマゾンのAmazon Echoは179ドルだ。Google Homeの値付け次第だが、WAVEの競争力は十分高いと見ていいだろう。アップルのHomePodは399ドル(約4万8,000円)と、他社の2倍近い高級路線だが、こちらは搭載するツイーターが7つあってバーチャルサラウンドも可能になるなど、音質も追求したものになるため、直接の競合にはならないと見られる。

なお、カンファレンスではWAVEとともにMWCで発表されたディスプレイ付きの「FACE」に加え、初登場となる子供向け・低価格路線を狙った「CHAMP」が紹介されていた。CHAMPは価格次第だが若年層向けにかなり浸透しそうな気配があった。

●生活はどう変わるか
○AIスピーカーで生活は変わるのか?

Clova WAVEを導入すると、生活はどう変わるのだろうか。まず、これまでスマートフォンで処理していたニュースや天気のチェックといったいくつかのタスクについてはWAVE経由で処理できるようになる。このあたりは競合するグーグルらと変わらない。またメインの機能となる音楽については、LINE MUSICの楽曲が利用できる。個人で作成したプレイリストなどが利用できるかは不明だが、Clovaに曲をリコメンドさせることもできるようだ。

LINEとの連携という点では、自分のアカウントに届いたメッセージの通知なども行えるが、一人暮らしであればともかく、家族と同居している場合、個人向けのメッセージを読み上げられるのは罰ゲームのようなものだ。このあたりはLINE側でも把握しており、個人向けのメッセージは読み上げないよう設定できるほか、家族向けのアカウントを設定するなどの対応策を考えているようだ。

ユニークな機能としては赤外線リモコン機能を備えており、テレビなどの電源オン・オフやチャンネル変更などをWAVEに行わせられるという。スマートホーム制御はライバルも目玉機能として搭載しているが、そもそもスマート家電自体がまだまだ種類も少ないため、実用性としては不十分。ところが赤外線リモコンであれば、TVやエアコン、レコーダーなど多くの機器に適用できる。個人的にはこの機能一つで、他社と比べて実用性が格段に跳ね上がったと思っている。各種リモコンにあふれている日本企業らしい着眼点だと言っていいだろう。

ただ、WAVEを1台を導入したからと言って、急速に日常に変化がもたらされるかというと、そのようなことはない。リモコン機能を中心に音声コマンドの認知は高まるかもしれないが、それ以外の部分はまだまだ「音声で命令し、音声で返す」必要性が低いままだ。LINEを差し置いてClovaが利用できる機能を提供したり、Amazon Alexaの「スキル」のようなプラグインによる機能拡張も当面は利用できないため、サードパーティもClova対応を謳うのはなかなか難しい。

Clovaの目的は家庭へのAIの浸透と、それを元に得られる人々の行動データおよびその解析結果だ。最終的にはファミリーマートとの提携発表で示されたように、顔認識なども使って個人を特定し、アカウントと紐づけた行動データを元に商品のリコメンドなどを行うといったビジネスが考えられているようだ。こうした目的そのものはどこのAIも似たようなものだろうが、後発であるClovaは、まずは利益等を度外視してでも普及を優先していかねばならない。それゆえに「先行販売1万円」というわかりやすい低価格を提示して、1台でも多くの導入を促しているわけだ。果たして目論見通り家庭に浸透できるのか、注目していきたい。
(海老原昭)

関連記事(外部サイト)