アナログ手帳の問題点を解消!? キヤノンITSがオリジナル手帳のサービス発表

アナログ手帳の問題点を解消!? キヤノンITSがオリジナル手帳のサービス発表

画像提供:マイナビニュース

●手描きイラストのカスタマイズも可能
キヤノンITソリューションズ(以下キヤノンITS)は6月29日、ユーザー自身がデザイン・カスタマイズし、一冊から印刷可能な新手帳サービス「ネットde手帳工房」の発表会を開催した。サービス提供開始は9月4日から。

○従来型アナログ手帳の問題点とは

年間販売数が1億冊に及ぶと言われるアナログ手帳市場。年末・年度末に売り場を見ると、ビジネス用から趣味をテーマにしたものまで多種多様な手帳が並ぶ。たくさんの選択肢から選べる印象があるアナログ手帳だが、キヤノンITS セルフデザインECビジネス推進グループ グループ長の小野忠氏は「従来型アナログ手帳には大きな問題点が2つある」と指摘する。

小野グループ長「手帳で管理する情報は使う人によって異なる。現在は多数の選択肢があるとはいえ、同一レイアウトの大量生産品であるためユーザーの要望を必ずしも満たしているとはいえない。また、手帳は『1年間使用する』ということを前提に耐久性のある上質な紙を使用し、製本にも手間をかけている。しかし、1月・4月始まりの季節商品のため、販売時期を過ぎると叩き売りされ、それでも売れなければ廃棄されてしまう」

こうした課題を背景に誕生したネットde手帳工房は、「自分にあった手帳」という消費者のニーズを満たしつつ、受注生産により売れ残りそのものをなくす新サービスだ。

○イラストも入れられる自由度の高さが売り

「ネットde手帳工房」のサービスでは、ユーザーは自らのライフスタイルに合わせたフォーマットを選択し、必要なページだけで構成された手帳を一冊から作ることができる。

マンスリー・ウイークリー・バーチカルなど、用途やライフスタイルを考えて形式を変更・組み合わせられるので、既存のアナログ手帳によくある不便さや不満を感じることがないという。

また従来の手帳といえば1月・4月から始まる、あるいは手書きで月日を書き込むというスタイルが一般的だが、ネットde手帳工房では好きな月から始める、マンスリーページを15カ月分入れるといったカレンダーのカスタマイズにも対応する。

更に印字のフォントや色を変更したり、手書きのカレンダーやイラストをPDF化し手帳に取り込んだりすることも可能。手帳にこだわりがある人ほど、どんな一冊にするか迷ってしまう、ある意味「自由すぎる」手帳サービスとなっている。

●製品開発は町工場と共同で実施
○町工場と一体となり製品開発

ネットde手帳工房サービスの実現には、一冊からの個別印刷と手帳として使いやすい製本、個別配送で起こりやすい誤配達防止策が求められる。そのため、同一レイアウトで大量生産の従来型手帳よりコストがかかるそうだ。

そこでキヤノンITSはサンコー(印刷)、篠原紙工(製本)と共同で製品開発を実施。印刷はオンデマンド印刷を採用し、複数面割付で効率をアップ。製本は手帳に求められる「平置きしても閉じない機能」を実現するため、PUR製本(ポリウレタン系接着剤を背加工処理に利用した製本)を採用した。さらにキヤノンITSが中心となり誤配送防止システムを構築、物理的に誤配送を排除することで、商品化に至ったそうだ。

サンコー 経営企画室 有薗悦克室長「印刷物は『大量に刷って大量に配る』が従来のスタイルだが、一人一人に違う内容を印刷する時代になるのではと思っていた。すべての工程において今までのフローを壊す必要があったが、(ネットde手帳工房を)何が何でも形にしたいと思っていた」

篠原紙工 篠原慶丞代表取締役「紙は『感動』『機能性』『伝える力』『所有欲』を満たすもの。紙だからこそできることがある。(ネットde手帳工房は)機能性に優れた商品になるのではと思った。製本業も大量生産がメインの仕事で製造工程に課題はあったけれども、どうやって使いやすい手帳を一冊ずつ作れるかを考えた」

○価格は200ページで5,400円

サイズはA5縦サイズ(今後サイズ展開の可能性あり)。ページ数は200ページ。表紙はブラウンで中紙はクリーム色。中紙の詳細については明かされなかったが、「中紙は万年筆ユーザーにも配慮し、裏抜けしにくいようにした。また『白だとまぶしい』という声があったので、紙の色はクリーム色をセレクトした」(小野グループ長)とのこと。

価格は送料・税込みで5,400円。従来型の手帳と比較すると高価な印象だが、カスタマイズの自由度と一冊から印刷できる点を考えると価格相応かもしれない。

ネットde手帳工房のサービス開始は2017年9月4日から。6月29日よりサイトで手帳デザインの無料体験ができる。納期は注文から2〜3週間。手帳カバーは附属しない。決済はカード・コンビニ決済・Pay-easy。

なおネットde手帳工房で作成された手帳(商品自体の名称は「ワタシメイド手帳」)は7月5日〜7日に東京ビックサイトで実施される
(関根千尋)

関連記事(外部サイト)