書類整理で働き方改革をサポート! コクヨがファイル用品の新シリーズ発表

書類整理で働き方改革をサポート! コクヨがファイル用品の新シリーズ発表

画像提供:マイナビニュース

コクヨは7月3日、ファイル用品の新シリーズ「KaTaSu(カタス)」を8月7日より発売すると発表した。

KaTaSuは「書類整理のコツである、見出しを書く(Ka)・立てる(Ta)・捨てる(Su)ということから名付けた商品」(同社)で、個人持ちの書類を整理・活用するための「クリヤーホルダー」を中心としたファイル用品シリーズ。

コクヨでは、情報出力機器の進歩や出力用紙の低価格化によって、個人が所持する紙資料の枚数が増加していると考えており、「現代のオフィスワーカーは1日に平均約20分を書類探しに費やしている」と同社は分析。そこで、個人が所持する書類の整理・活用を手助けすることで業務効率を上げ、書類探しの時間を減らしたいという思いから、KaTaSuシリーズを開発したという。

ラインアップは、「クリヤーホルダー」「クリヤーホルダー用ラベル」「ファイルボックス」「ドキュメントバッグ」。価格が280円〜2,800円。
(MN シゴト編集部)

関連記事(外部サイト)