目指すは世界制覇! 最先端のソーラーカーが運ぶのは学生たちの“夢”

目指すは世界制覇! 最先端のソーラーカーが運ぶのは学生たちの“夢”

画像提供:マイナビニュース

●最速を目指す工学院大学
10月8日からオーストラリアで「World Solar Challenge」が開催される。これは、各国からチームが参加する世界最高峰ともいえるソーラーカーレースで、今回で14回目。約3,000kmを走破するこのタフなレースの制覇を目指すチームがある。工学院大学だ。

工学院大学にこの「ソーラーチーム」が発足したのは2009年のこと。2012年に開催された国内大会で優勝し、2013年に国際大会へ参戦。2015年の国際大会ではクルーザークラスで準優勝し、そして昨年開催された国内大会で優勝の栄冠に輝いた。

ちなみにWorld Solar Challengeには3クラスあり、スピードを競う「チャレンジャークラス」、2人乗りで巡航する「クルーザークラス」、旧レギュレーションの「アドベンチャークラス」となる。

今回、工学院大学が挑戦するのは、もっとも早くゴールを目指すチャレンジャークラスとなる。2009年のチーム発足以来、着実にステップアップを進め、いよいよ頂点にアタックするというワケだ。

○大学も力を入れるソーラーカー

この工学院大学によるソーラーカーへの取り組みは、学生が主体となっている。車体の設計・製造は、ほぼ学生たちの手によるもの。広報・企画・財務といった、車体製造に直接関わらない部門も、学生たちが主体となって行う。

とはいえ、学生だけではままならないことも多い。当然、工学院大学や協賛企業のサポートも受けることになる。

まず、大学側だが、かなりの熱の入れようだ。たとえば、2017年4月に「ソーラービークル研究センター」を設立。工学院大学全4学部から、19名の教員と3名の職員が集結し、ソーラーチームの活動をサポートする。各教員は“タイヤの転がり抵抗”など、ソーラーカーの開発・製造に欠かせない研究を行っている。こうした知見を生かし、世界制覇を目指す車体製造に挑戦したのだ。

●企業も工学院ソーラーカーへ協力
大学だけではない。協賛企業も工学院大学のソーラーチームに手厚い支援を行った。その代表例が、帝人だろう。

帝人といえば、繊維を主事業とする企業。炭素繊維「テナックス」などの軽量素材を提供することで、工学院大学ソーラーカーの車体軽量化に協力した。しかも、今回はチームのスタッフウェアまで提供するという力の入れようだ。帝人の担当者によれば、工学院大学ソーラーカーのサポートは3回目になるが、今回がもっとも幅広い範囲で協力するという。そのぶん「協賛金も今までで一番大きいです」と、担当者は笑みをこぼす。

そのほか、タイヤ面などでブリヂストン、太陽電池でサンパワー、セラミックベアリングでNTNといった企業が協力する。もちろん、ここで紹介した企業はほんの一部で、49の企業・団体のサポートを受けて、工学院大学ソーラーカーは、オーストラリアの砂漠地帯を疾駆する。

○自社のテクノロジーを磨く

なぜ、これほど多くの企業がソーラーカーレースに協力するのか。それは、各社が自社のテクノロジーの優位性を証明したいというのが本音だろう。続いて、ソーラーカーという、化石燃料に頼らないビークルに技術を提供するために、自社のテクノロジーを磨くという思惑がある。

これは、帝人の担当者に聞いたのだが、「テクノロジー向上はもちろんですが、ほかにも意義はたくさんあります」という。

なかでも、企業CSRの概念が強い。そもそもソーラーカーは、CO2を排出しないビークルだ。このビークルの早期実用化のために、企業が技術や資金を提供することは、社会的責任を果たすということになる。そして、学生たちに実践の場、さらに“夢”を与えることは、人材育成という面でCSRの根本ともいえよう。

これは、チームの監督、濱根洋人氏の言葉が象徴的だ。「レースを制覇することで、子どもたちにエンジニアの可能性を伝えたい」と話す。

ソーラーカーお披露目の日、会場にはタレントの足立梨花さんも姿を現した。「高みに向かっていくチームの姿勢に共感しています。ぜひとも栄冠を勝ち取ってほしいです」と、エールを送った。
(並木秀一)

関連記事(外部サイト)