今の仕事について「得した」と思ったことはある?

今の仕事について「得した」と思ったことはある?

画像提供:マイナビニュース

あなたは今の仕事について「得した」と思ったことがあるだろうか。会社によっては、福利厚生の一環として色々な割引や特典サービスが受けられるなど、思いがけないメリットが得られることもあるかもしれない。そこで今回は、マイナビニュース会員のうち会社員501名に、仕事で得したことがあるか聞いてみた。

Q. 今の仕事について「得した」と思ったことはありますか?

ある 56.1%
ない 43.9%

Q. どうしてそう思ったのか、具体的な理由を教えてください

得したと思ったことが「ある」と回答

○商品が安くor無料で手に入る

・「グループ企業の製品を社員価格で購入できるから」(44歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「和菓子店に勤務しているんですが、帰りにお菓子をもらったり安く買えたりします」(39歳女性/食品/販売・サービス関連)
・「試供品や廃棄商品を無料でもらえたことです」(43歳男性/コンビニエンスストア/販売・サービス関連)

○色々な情報が手に入る

・「業界情報を早く知れる」(39歳男性/専門店/事務・企画・経営関連)
・「現在の経済状況、先々の預金や資産管理の情報がすぐに分かるので、自分の財産運用の参考になります。他の取引先からの物価情報が入ってくるので消費支出も抑えることができて助かります」(50歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連)
・「お客さんから色々な話が聞ける」(52歳女性/サービス/その他・専業主婦等)

○人脈が広がる

・「知らない業界の人に出会う」(37歳男性/農業協同組合/営業関連)
・「協力会社が多く人脈が広がるから」(56歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「普通生活していたら知り合わないであろう数多くの投資家に出会えた」(54歳男性/不動産/営業関連)

○色んな場所に行ける

・「出張で日本全国をまわれる(仕事なのに観光もできる)」(59歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「地方に行ける」(34歳男性/公益・特殊・独立行政法人/公共サービス関連)
・「ふだん行けない所に行ける」(49歳男性/専門店/販売・サービス関連)

○知識・技術が身につく

・「コンピュータやネットワークに詳しくなった」(55歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「金融に関する知識が増えたこと」(34歳女性/食品/事務・企画・経営関連)
・「Excelの技術が身に付いた」(25歳女性/システムインテグレータ/IT関連技術職)

○人から感謝される

・「福祉関連なので、普通に仕事をしていても、感謝されてしまう」(45歳男性/医療・福祉・介護サービス/公共サービス関連)
・「お客様に感謝されたり、当てにされるのはうれしい」(38歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「元気になって退院していく患者さんやご家族から、感謝の言葉を多く頂く。医療人をしていて良かったと思う」(56歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

○その他

・「若い頃は職業を聞かれて、デザイナーと答えると一目置かれた」(60歳男性/その他/クリエイティブ関連)
・「多くの取引業者さんから、お中元・お歳暮はもちろん、多くの差し入れを頂く機会が多い」(29歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)
・「開発した宣伝のCM撮影に立ち会えて、タレントさんに会えた」(57歳男性/その他電気・電子関連/IT関連技術職)

得したと思ったことが「ない」と回答

○仕事がきつい

・「なーんにも得してない。きついだけ」(46歳男性/専門店/販売・サービス関連)
・「昔で言う3Kの仕事だから」(42歳男性/その他メーカー/その他・専業主婦等)
・「長い労働時間、毎日サービス残業、少ない休日、無給の休日出勤多数あり、給料も激安、手当も何もない」(48歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)

○やりたい仕事ではないから

・「好きな仕事を辞めて、今は食うために違うことをやっているから」(47歳女性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「あまりにも自分の興味のない仕事なので」(31歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「自分のやりたい仕事と異なっているから」(46歳男性/サービス/事務・企画・経営関連)

○給料が安い

・「安月給でいいように使われている気しかしないので」(25歳女性/ソフトウェア・情報処理/事務・企画・経営関連)
・「賃金も低いから」(46歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)
・「給与が安いから」(32歳男性/食品/技能工・運輸・設備関連)

○得も損もしていない

・「決して『損した』と感じることはないが、『得した』と思ったこともないため」(32歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「相応の結果を得ているが、それ以上に得をしたという感覚はない」(48歳男性/ゲーム関連/IT関連技術職)
・「得したと思うほどの経験も損したと思うほどの経験もまだない」(24歳女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

○その他

・「仕事以外で役に立ったことがない」(68歳男性/サービス/その他・専業主婦等)
・「スキルアップにつながっていないから」(36歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「妥当だと思いますし、年々要求がきつくなり困っているので」(49歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連)

○総評

アンケートの結果、56.1%と半数以上が、「今の仕事について得したと思ったことがある」と回答した。具体的な理由としては「商品が格安、もしくは無料で手に入る」と答えた人が多く、洋服などが社割で購入できたり、ノベルティや試作品などが無料でもらえたりするそう。さらには、新商品の試食や、取引先を通じて社員対象の格安ツアーに申し込めたなんてことも。「お菓子をよくもらう」「市場価格と比較して非常に安い価格で仕入れることができた」といったコメントも寄せられた。

「情報」や「人脈」を挙げた人もいた。著名人の講演を優先的に聴けた、普通は知り合えないような人たちと仕事を通じてつながることができたそう。「色々な業界の人からの情報や経験談が聞ける」という声も寄せられたが、ビジネスパーソンにとって、こうした人脈や情報は貴重な財産と言えるかもしれない。

他にも、「社員食堂が格安」「イベントのチケットが手に入った」「ゴージャスな飲み会が多い」「おいしいお土産がもらえる」といった様々な"お得"が寄せられた。

一方、得したと思ったことが「ない」と回答した人からは、「安月給でいいことはない」「サービス残業が多すぎ」「会社選びからやり直したい」といった不満の声が寄せられた。「得もないが損もない」という回答も多く、そもそも「損得で仕事をしていない」という人も。また、「仕事が大変でそんなこと考えたことない」「生活の為なので、割り切っている」といった意見もみられた。

調査時期: 2017年7月13日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 会社員501名
調査方法: インターネットログイン式アンケート
(アリウープ)

関連記事(外部サイト)