「池の水を抜く」ならぬ「草原の草を刈る」で既存種を守る一風変わったCSV

「池の水を抜く」ならぬ「草原の草を刈る」で既存種を守る一風変わったCSV

画像提供:マイナビニュース

●希少植物の再生・保存で環境保全に貢献
2011年に提唱されたCSV(Creating Shared Value)。「共通の価値創造」という意味だが、企業が持つ知識や資源を活用し、ビジネスを推進しながらも地域・社会貢献につなげていくと考えればわかりやすい。今、このCSVに取り組む企業が増えている。

一昔前までは企業CSRという考え方が主流だった。社会や環境、取引先、自社社員などに対し貢献を行い、社会的責任を果たしていくというのがCSRだ。ただこの場合、CSRのための予算や人的リソースなどの確保が必要となり、しかも企業の利益に直結しない。社会貢献で企業イメージが向上し、結果的に業績に反映するかもしれないが、あくまでそれは副次的なものだ。

一方、CSVは企業の生産性・競争力を向上させながら、社会の問題を解決していく。CSRとCSVは字面は似ているが、根本的に異なるものだ。このCSVに早くから取り組んだ企業がある。酒類・飲料大手のキリンだ。

○組織一新の際にCSVの概念を導入

キリンは2013年に組織を一新し、それまで別々の経営体制だったキリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンを統合。その際に、経営にCSVという概念を導入するため、CSV本部を立ち上げた。そして現在、「健康」「地域貢献」「環境」の3本柱を軸にCSVを推進している。

そんな同社から、「弊社のCSVの一部を見学しませんか」というお誘いをいただいた。「はて、どんなCSV活動だろう? 堅苦しい内容だったらお誘いをお断りするかな」などと、一瞬思った。だが、ハナシを聞くと実に興味深い内容だった。

そのCSVとはこうだ。キリン傘下のメルシャンは、長野県にいくつかブドウ農園を持っているが、そのうちのひとつ、上田市・椀子(マリコ)の農園が舞台。この農園は1999年に拓かれたもので、メルローやカルベネ・ソーヴィニヨン、シラー、シャルドネといったワイン用ブドウの主力を育てている。

この農園で行われているCSVとは、日本在来の既存種・希少種といった植物を再生・保存すること。かつては遊休農地だったこの場所をブドウ農園として造成したことで、希少な植生が戻ってきたという。

2016年に農研機構・農業環境変動研究センターの研究員を招聘し、生態系調査を実施。希少な植生を発見したことを受け、キリンの従業員参加による再生・保存活動が行われている。今回、招待されたのは、この活動の見学だった。

●全国の事業所からキリンスタッフが集結
当日は、少し風が強かったが、標高650mの高さにある農園に立つと、なんとも爽快。約20ヘクタールの敷地にはギッシリとブドウの樹が並び、葉がサワサワと揺れている。この日は、ブドウの収穫をお手伝いしてくれるボランティアと、植生の再生・保全活動を行うキリンのスタッフにわかれて行動した。

まず最初に、国立開発研究法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動センター 生物多様性研究領域 上級研究員 楠本良延氏が解説してくれた。楠本氏によると、農業と環境の研究をできる場所は貴重だそうで、椀子のブドウ農園では168種の昆虫、288種の植物が確認できたそうだ。

○ブドウ農園の多様性が草原の植物を育む

これほどの生態系となったのは、ブドウ農園の多様性にあるという。「日本は以前、30〜40%の土地が草原でした。化学肥料がなかった時代、草原に生えている植物を肥料代わりにしたり、牛や馬の食料としたりと重宝していました。ただ、こうした草原は現在1%ほどになってしまっています」(楠本氏)と話す。

だが、ブドウ農園は、ブドウが植樹されている以外は、基本的に草原。その環境の良さから日本の既存種・希少種といった植物が戻ってきたのだという。今回集まった30名ほどのキリンスタッフは、そうした植生を再生・保存するため、全国の事業所から集まってきた。余談だが、この活動は社内でも人気らしく、抽選で参加者が選ばれるという。

●既存種・希少種の再生・保存は草苅から
さて、楠本氏は再生・保存の手順について解説した。手順は至極単純。種が実り、枯れる直前の既存種・希少種を刈り取り、まだそうした植生になっていない場所に撒くだけ。既存種などを掘り起こし、根ごと新しい場所に植える方法もあるが、それでは掘られた場所がダメージを受けてしまう。種を自然に蒔く感覚でよいのだそうだ。このときに気をつけたいのが外来種を撒かないこと。せっかく新しい場所に既存種・希少種を再生したくても、外来種が混入しては台無しだ。

○あの話題番組の草原版ともいえる活動

こうした作業を見学しているうちに、あるテレビ番組を思い出した。今年から不定期で放映されているテレビ東京の「池の水ぜんぶ抜く大作戦」だ。池の底に何があるのかの興味、増えすぎた外来種の駆除による爽快感などで、放映開始から話題だ。このブドウ農園での植生の再生・保存は、あの番組に通じるものがあるのではないか、と感じた。

ただ、楠本氏によると、外来の植物はブルーギルやブラックバスのように凶悪に繁殖するということはなく、定期的に刈り取っていればあまり影響はないそうだ。とはいえ放置してしまい、鬱蒼とした森林になった場合は、外来植物の繁殖が懸念される。

一連の再生・保存作業を見学させていただき、ブドウの収穫が始まった。広大なブドウ農園を歩いていると、フト気づいたことがある。たわわに実ったブドウが、あまりにも不用心に樹に成っているのだ。道路と農園の境には30cmほどの柵しかなく、手を伸ばせばブドウをもぎ取れる。案内してくださったスタッフにそのことをたずねると、あまり気にしていない様子だ。

「人間よりも野生動物の対策が重要です。とはいえ、もっともブドウをつまみ食いしているのは我々収穫スタッフかもしれません(笑)」と笑みをこぼす。ただ、これは盗み食いではなく、“ブドウのデキ”を確認するためのことらしい。筆者も失礼させていただきつまみ食いさせていただいたところ、「甘い!」。ワイン用ブドウは生食に向かないと聞いていたが、そのイメージは払拭した。
(並木秀一)

関連記事(外部サイト)