育児と仕事の両立、働く母親が重要視することは?

育児と仕事の両立、働く母親が重要視することは?

画像提供:マイナビニュース

ソラストは9月29日、子供を持つ母親の「働き方」に関する調査結果を発表した。調査は4月27日〜5月1日、全国の30代〜40代の子供を持つ母親600名を対象に、インターネットで行われた。

まず、働き方について何を重要視するか聞いた。結果は「自分らしいワークライフバランスを大切にしたい」(87.5%)、「自分のライフスタイルやライフステージに合わせて働き方を選びたい」(84.0%)、「育児との両立制度の充実や働きやすさを、会社や職場にもっと重視してほしい」(84.0%)と、子供を持つ女性の大半が、自分の立場や環境に合った働き方を重要視していることがわかった。また「自分らしいワークライフバランスを大切にしたい」と回答した人に、「現在の職場でそれはできますか? 」と質問すると、28.8%が「できない」と回答。意識と実態にかい離がある女性が一定数いることが明らかとなった。

続いて、「キャリア形成について重要視すること」を尋ねたところ、「継続して長く働くことによりキャリアを積んでいきたい」(57.1%)が最も多く、次いで「ライフスタイルに伴う働き方の変化があっても、これまでのキャリアを活かしていきたい」(56.8%)、「資格取得などに対するサポートを受けたい」(53.0%)と続き、いずれも半数を超えた。

また、「継続して長く働くことによりキャリアを積んでいくことができる」と回答した人のうち、現在の職場でそれが「できる」という人の割合は62.8%。キャリア形成ができている人の割合は、キャリア意識がある人の3分の2程度に留まる結果となった。

次に、現在の職場で「自分らしいワークライフバランスを大切にできる」、かつ「継続して長く働くことによりキャリアを積んでいくことができる」と感じている人に対し、「あなたは生活と仕事に対して幸せを感じていますか?」と質問したところ、84.8%が「はい」と回答した。
(CHIGAKO)

関連記事(外部サイト)