LINK-J発足から約1年半! オープンイノベーションが進む東京・日本橋

LINK-J発足から約1年半! オープンイノベーションが進む東京・日本橋

画像提供:マイナビニュース

●ライフサイエンスの一大拠点を築く
2020年の東京五輪の開催に向け、東京都内の再開発が活発化している。大規模なものでは、品川・田町駅周辺、渋谷駅周辺などが挙げられる。だが、巨大なビルディングや商業施設の建設だけが再開発ではない。産業を活性化させることも重要な再開発だ。

2016年3月、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(以下、LINK-J)が発足した。この社団法人の目的は、“ライフサイエンス”領域の“イノベーション”を推し進め、参加者の“ネットワーク”を通じ人的交流・技術交流を促進し、“日本(ジャパン)”のライフサイエンスをグローバルに広げようというものだ。まさに、法人名そのものに目的が入れ込んであるといえよう。

○ライフサイエンスのシリコンバレーを目指す

ユニークなのは活動拠点を東京・日本橋に絞っていること。“グローバル”などというと、全国各地、あるいは世界各国に拠点を持つようなイメージがあるが、それでは人的交流・技術交流といった物理的な連携は散漫になる。かえって拠点を絞ったほうが、物理的な交流は活発化し、イノベーションが起きやすい。事実、米・スタンフォード大学の敷地から始まったといわれる半導体企業の集積地は、並み居るICT企業が集まり、シリコンバレーとまで呼ばれるようになった。

LINK-Jがシリコンバレーを意識しているのかどうか、いや、必ず意識していると思うが、日本橋をライフサイエンスという領域での一大拠点に、というわけだ。

そのLINK-Jの発足から約1年半が経過した。これまでに、どのような足跡を残したのか、LINK-J 理事 兼 事務局長 曽山明彦氏に話を聞いた。

曽山氏は、「LINK-Jのおもな拠点は日本橋に3カ所ありますが、現在40社強のテナントが集結しています。また、会員数も150(8月27日時点)に届き、活発に交流しています」と話す。曽山氏によると、LINK-Jが主催、共催、協賛するものや特別会員などが主催するイベント・プログラムを合わせると、現在369件(2016年8月〜2017年7月) にのぼったという。つまり、1日に1回以上イベントが行われている計算だ。

また、ひとくちにライフサイエンスとはいっても、多様な企業・団体が参加している点に注目したい。創薬や再生医療、医療機器といったライフサイエンスの中心ともいえる企業群のほか、大学の研究機関・学会、これからの医療に重要な役割を果たすICT・AI関連企業、ベンチャーキャピタルやコンサルティングといった直接ライフサイエンスに関わらない企業も参加する。

「LINK-Jには、“シーズ”“アーリー”段階のベンチャーも多く参加しています。そうしたベンチャーを支援する意味で、ベンチャーキャピタルなどの存在は重要です」(曽山氏)。

こうしたベンチャーを育てることが、日本橋そのものの活性化につながる。LINK-J設立の中心企業、三井不動産 ライフサイエンス・イノベーション推進グループ 清本美佳氏は、「シーズ段階では弊社のコワーキングスペースを使っていただき、事業の成長した際にも規模にあわせたスペースに移ることも可能です。 “出世魚”のようですね」と話す。とはいえLINK-Jの門戸は、三井不動産以外のテナントにも開かれており、実際そうした企業が数多く参加しているそうだ。

そして、これらの企業が有機的に連携することで、オープンイノベーションにつながる。「これまで医薬関連企業は、クローズイノベーションが当たり前でしたが、少しずつ連携が生まれています。未来の日本橋の発展、そして日本のライフサイエンスがグローバルに広がるための第1歩です」と、曽山氏は話す。

●伝統の街に大きなうねり
“未来の日本橋”という話が出たので、今後どうなるのか。日本橋を含めた東京駅周辺の青写真をチェックしてみよう。

まず日本橋。そもそもこの地は、400年前から薬種問屋が集まり、その伝統は今も色濃く残っている。アステラス製薬本社の目と鼻の先には第一三共本社がそびえ、三井タワー内には中外製薬本社が居をかまえている。地上24階の武田薬品工業の新東京本社ビルも、そろそろ竣工予定だ。まさにライフサイエンスの集積地で、LINK-Jがここを拠点にする大きな理由だと曽山氏は強調する。

そして東京駅の北側にある常盤橋には、三菱地所が地上390mの超高層ビルを2027年に開業するとリリースした。このビルが開業すれば、伝統とライフサイエンスの街・日本橋と、多くの上場企業が本社を置く経済の中心地・大手町のあいだに巨大なランドマークが現れ、ふたつの街がより密接につながるだろう。そして、何かしらのイノベーションが生まれるのは間違いない。

○首都高の地下化の構想が浮上

日本橋に戻ろう。今夏、大きな動きがあった。国土交通省と東京都が、日本橋付近の首都高地下化を表明した。これまでも“地下化”の話はあったが、何回か立ち消えとなった。

神田川に架かる日本橋は、東海道や日光街道といった五街道の出発点。地方でよくみる「東京まで300km」というような表示は、この橋を起点にしたものだ。その橋の上を首都高の高架橋が覆い被さり、しばしば「景観を乱している」という意見が聞かれた。地下化により、その景観がひらけるというワケだ。

首都高速道路 代表取締役社長 宮田年耕氏は、「国土交通省や都、中央区、周辺のデベロッパーなど、多くの方々と協議しなくてはなりません。また、その時期についても今のところ決まっていません」と、まだ緒に就いたばかりで具体的なことには触れられない様子をみせた。ただ、「地下化により景観がよくなることは、多くの住民の方々によろこんでもらえると確信しています」と、筆者に笑みをみせた。

何年先、いや何十年先になるのかわからないが、“未来の日本橋”の姿が楽しみだ。
(並木秀一)

関連記事(外部サイト)