2018年、ノートPCのLTE対応は進むのか

2018年、ノートPCのLTE対応は進むのか

画像提供:マイナビニュース

●PCへのLTE対応は進むのか
スマホやタブレットでは当たり前のようにつながるLTEも、多くのノートPCにはまだ搭載されていない。VAIOなど一部のノートPCを除いて、LTEを利用するにはモバイルWi-FiルーターやUSBモデムを併用する必要があった。

だが「働き方改革」や「テレワーク」への取り組みにより、仕事に使うPCを持ち運びたいという需要はますます高まっている。果たして2018年、ノートPCへのLTE搭載は進むのだろうか。
○なかなか進まないノートPCへのLTE搭載

IDC Japanの調査では、2017年第3四半期の国内法人PC市場は前年比2.4%増と緩やかな拡大が続いている。2018年はWindows 7から10への移行需要が高まるため、堅調を維持しそうだ。

さらにPCメーカー各社が期待するのが「働き方改革」の本格化だ。テレワークの普及により、オフィスに据え置きのA4ノートPCから持ち出して利用しやすいモバイルPCへの置き換え需要が期待できる。その中で注目すべき機能が「LTE」対応だ。

いまやスマホやタブレットではLTE搭載が当たり前になっているにも関わらず、ノートPCや2-in-1などモバイルPCのLTE対応は遅れている。その理由として、これまでの需要の少なさや開発の困難さが挙げられる。

ノートPCでLTEのデータ通信を利用するには、一時的にスマホのテザリングを使う以外では、専用のモバイルWi-FiルーターやUSBモデムの契約が必要だった。しかしデータ用の回線を個人で契約するのは負担が大きい。一方、多くの企業では最近までノートPCが持ち出し禁止とされており、需要は限定的だった。

さらに、LTE搭載ノートPCの開発は決して容易ではない。モジュール自体は汎用のコンポーネントとして流通しているものの、製品化にあたっては設計ノウハウや検証環境が必要になる。日本ローカルの事情も考慮する必要があることから、海外メーカーは日本向けモデルでLTE搭載を断念することもあった。

それでもVAIOはこうした問題を1つ1つクリアすることでLTE搭載ノートPCを実現し、2017年9月発表のモデルではSIMカードを含めたソリューションを提供。企業のモバイル需要に応えると同時に、働き方改革を後押しする形にもなっている。

さらに2018年には、こうしたLTE搭載ノートPCの増加が期待される。特に注目したいのが、スマホやタブレットで定番のQualcomm製SoC「Snapdragon」を搭載したWindows PCの登場だ。

●Snapdragon搭載モデルに注目
○「Snapdragon」を搭載したWindows PCが登場

2017年12月、Qualcomm製SoC「Snapdragon」を搭載したノートPCをASUSとHPが発表した。今後は他のPCメーカーも追従する可能性がある。

これまでPCのCPUといえば、インテル製がほとんどを占めていた。だがスマホで動くことを前提に作られたSnapdragonは省電力で性能が高い。さらにQualcommはLTEモデムで定評がある。SnapdragonはCPUに加えてLTEモデムも統合していることから、LTE搭載ノートPCを作るのに最適なチップといえる。

問題はアプリの互換性だ。従来型のWindowsアプリは、インテルやAMDのCPU用に作られており、Snapdragonとは互換性がない。そこで今回はSnapdragon上で従来型Windowsアプリを動かす仕組みが新たに開発された。Windows最大の資産といえるデスクトップアプリが、ある程度の速度で動くものと期待できる。

ただ、実際にはそう簡単にいかないだろう。国内PCメーカーもSnapdragonの可能性は認めつつも、「プラットフォームとして成熟するにはまだまだ時間がかかる」と見るところが多い。しかもマイクロソフトは以前に「Windows RT」で失敗した過去があることから、今回はどこまで本気なのか慎重に見極める必要がありそうだ。

このようにSnapdragon搭載のWindows PCは、当面の間は物珍しさが先行しそうだ。だが、PCを持ち運びたいというビジネスユーザーの需要は高まる一方である。2018年のPC市場を制するのは、この需要に的確に応えたメーカーになるかもしれない。
(山口健太)

関連記事(外部サイト)