「若者のPC離れ」をチャンスにできるか、NECが学生向けノートPC

「若者のPC離れ」をチャンスにできるか、NECが学生向けノートPC

画像提供:マイナビニュース

●「若者のPC離れ」の問題点
1月17日、NECパーソナルコンピュータ(以下NEC)は学生に狙いを定めたモバイルノートPCの新モデル「LAVIE Note Mobile」を発表し、春商戦にぶつけてきた。

その背景には日本で進行する「若者のPC離れ」がある。国力の衰退につながりかねない社会問題の解決に、NECとしても貢献したいとの思いがあるという。果たしてそんな若者にPCを買ってもらえる勝算はあるのだろうか。
○「若者のPC離れ」は本当に問題か

発表会でNECが改めて指摘したのが、「若者のPC離れ」だ。内閣府による2013年の調査によれば、日本では特に13〜15歳の若年層のPC所有率が低く、諸外国とは大きく異なる数値を示している。

この調査から4〜5年が経過したいま、大学生になった彼らはどうなったのか。NECの商品開発に協力した青山学院大学の現役学生は、「レポートを書くとき以外にはPCを使わない学生も多い」と語る。NECの調査では大学4年生の7割がPCスキルに自信がないと回答しており、若者のPC離れの傾向はたしかにあるようだ。

ところで、若者がPCを使わないことは本当に問題なのだろうか。「PCが使えない新入社員」は年々増えているとはいえ、ビジネスマナーのようにすぐに習得できるとの声も多い。今後、単純なPC作業は自動化される方向にあり、職場におけるPCの地位は変化していく可能性もある。

だが、ITのリテラシーを効率良く身に付けるには、PCに触れることが最も近道であることも事実だ。現実には多くの会社が仕事の中心にPCを据えていることを考えても、PCを使えるに越したことはなく、学生にとって将来の選択肢は広がるはずだ。

●学生向けPCの要件とは
○日本の学生ニーズに沿ったノートPCを投入

それでは、学生をターゲットにNECが投入する新モデル「LAVIE Note Mobile」とはどのようなPCなのか。NECパーソナルコンピューター執行役員の河島良輔氏は、グローバルと日本では「PCのトレンドが異なる」と指摘する。

河島氏によれば、世界的にPCの薄型軽量化は進んでいるが、大きさは気にしない傾向にある。これに対して日本のユーザーは満員電車で持ち運ぶことを想定し、コンパクトで非常に軽いPCを好むという。

学生が求めるPCの要件としてNECが導き出したのは「A4サイズ以下のコンパクトさ」「1kg以下の軽さ」「15万円以下の価格」の3点で、これらの条件を満たすモデルは2017年に発売された約300機種中、12機種しか存在していないという。

学生に人気の高い製品としてアップルの「MacBook Air」もあるが、コンパクトな11型モデルはすでにラインアップなら外れており、12型のMacBookはやや高価だ。米国でK-12と呼ばれる高校生以下の層では「Chromebook」が過半数のシェアを持っているが、日本ではあまり普及していない。

また、グローバルに展開するPCメーカーの場合、各国のユーザーの声を採り入れて開発した製品の中から、日本市場に合うモデルを投入するのが普通だ。これに対してNECは、最初から日本市場を想定して開発できることが強みになっている。

こうした日本特別仕様の製品は高価になりがちだが、LAVIE Note Mobileは10〜15万円の比較的手頃な価格を実現した。CPUには安価なCeleronを使ったモデルも用意し、金属部材を減らすなどコストダウンに努めている。SSDの採用でサクサクと動き、満員電車で押されても耐える強度にもこだわった。

本体カラーは学生生活のファッションを想定した3色を取り揃え、在学期間に応じて契約できる3年、4年、5年の延長保証を提供するなど、きめ細かいニーズに対応する。最近話題の2〜3万円の格安ノートPCに比べればたしかに高価だが、数年間の実用性を考慮した、ツボを押さえた作りになっている印象だ。

このようにNECは日本市場に特化できるという強みを活かし、日本の学生ニーズを見極めた製品を投入してきた。若者のPC離れという危機をチャンスに変えるアプローチといえるだろう。
(山口健太)

関連記事(外部サイト)