NTTドコモに聞く、2020年サービス開始の5Gの普及に向けた取り組み

NTTドコモに聞く、2020年サービス開始の5Gの普及に向けた取り組み

画像提供:マイナビニュース

●5G普及に向けた懸念と現状
日本では2020年に商用サービスを開始する予定の次世代モバイル通信規格「5G」。昨年5Gの標準仕様策定に向け大きな前進が見られたことで、5Gの商用化に向けた目途は立ったものの、5Gの利用を促進するデバイスやサービスが不在なことから普及の遅れを懸念する声も多い。5Gの商用サービスに向け積極的に取り組んでいる企業の1つであるNTTドコモは、普及に向けどのような施策を進めようとしているのだろうか。関係者の取材から迫ってみよう。
○5Gを知ってもらうにはサービスの具現化が必要

いま携帯電話業界で非常に大きなテーマとなっているのが、次世代のモバイル通信規格「5G」だ。5Gは昨年、標準化3GPPにて5Gの通信方式「5G NR」の標準仕様の初回策定が完了したことから商用化に向けた準備が大幅に前進。早い国では2019年、日本では東京五輪に合わせて2020年の商用サービス提供を開始するとしている。

そうしたことから今年スペイン・バルセロナで実施された、携帯電話の総合見本市イベント「Mobile World Congress 2018」では、5Gに関する展示が大幅に増え、業界全体で5Gに対する機運が大きく高まっている様子を見ることができた。だが一方で5Gに関しては、4Gの時のスマートフォンのように、普及をけん引するデバイスやサービスが存在せず、普及がなかなか進まないのではないかという懸念も少なからずなされている。

では、実際に5Gのサービスを提供する側のキャリアは、5Gのサービス開始、そしてその普及に向けてどのような考えを持っているのだろうか。Mobile World Congressの会場にて、NTTドコモの5Gのインフラとサービス、それぞれの関係者に話を聞いた。

NTTドコモの5G推進室長である中村武宏氏は、同社の5Gの進展状況について、標準化の進展によって開発が進められる段階にきたものの、「世界各国のキャリアやベンダーと調整が必要になるし、システム開発もどんどん進めていかないといけない。また複数のベンダーの機器と接続する必要があり、その試験にも時間がかかる。2020年の商用サービス開始まで、時間的にはタイトだ」と答える。商用化に向けてインフラ面で急速に準備を進めている様子がうかがえる。

一方で、NTTドコモでは昨年より、5Gを活用した新しいサービスの創出に向けた「5Gトライアルサイト」を展開するなどして、5Gのさまざまな活用事例などを一般消費者に紹介。特に昨年末頃には、5Gを中心にNTTグループの技術を活用した新しいエンタテインメント体験を提供する「FUTURE-EXPERIMENT」を展開するなどして、5Gのアピールを一層強めている。

こうした取り組みの狙いとして、中村武宏氏は「5Gのサービスは何かと聞かれると、明確な答えはない。色々なパートナーと事例を作り、それをきっかけとしてより現実的なサービスを作り上げていく必要がある」と話している。確かに5Gは高い性能を誇るが、それを口で説明しても伝わりにくい。具現化したサービスを実際に見せていくことで、5Gを活用したより新しいアイデアを生み出してもらうというのが、大きな狙いとなっているようだ。

●5Gを評価すべきポイント
○今後は「5Gのリアル」を伝えることも重要に

ただし個々のサービス事例を見ていくと、必ずしも5Gでなければ実現できないものばかりではないように見える。この点について中村武宏氏は、「現状の4Gでもそれなりに動くサービスがほとんどだが、5Gになることで現状よりも品質が大幅に改善される。そうなった時に5Gが評価されるようになるのではないか」と話す。

NTTドコモで5Gに関する研究開発を進めている、R&Dイノベーション本部長である中村寛氏も、これまでの実証実験の事例を例として挙げて5Gの重要性を説明。例えば遠隔医療の実証実験で、患部の映像をストリーミングで医者に送る場合、4Gと5Gでは一度に転送できるデータの量が大きく異なり、それが画質にも影響してくることから、患部の細かな部分まで確認できないなど決定的な違いを生み出すことにもつながってくる。それゆえ今後、同じサービスであっても4Gと5Gとでその価値や評価が大きく変わってくる、といった事例が増えてくると見ているようだ。

また中村寛氏は、「4Gまでの主流はコンシューマー向けで、その傾向は5Gでも続くが、一方で法人向けの利用が今後増えてくるのではないか」とも話している。特に遠隔操作に役立つ低遅延や、IoTに対応する多接続といった5Gの特徴は、法人向けのビジネスを拡大する上で大きく貢献すると考えているようだ。

では、5Gの利用を拡大する上での課題はどのような所にあるのだろうか。中村武宏氏は「これまで5Gで『何でもできる、すごい』と花火を打ち上げてきたことから、最初から凄いことができると思われている節がある。今後は5Gのリアルな姿を訴求していく必要がある」と話している。

5Gへの関心を高めることは重要ではあるものの、5Gの標準化自体まだ途上の状態であり、最初からフルスペックの5Gによるサービスを提供できるわけではない。それゆえ実際に5Gを利用してもらう上では、5Gの現時点でのリアルな姿を訴求することで、5Gに対する理解を深めてもらいながら実際のサービス提供へと落とし込んでいく必要があるようだ。

●5G普及の前提条件
○5GとAIは似ている?

もう1つ、5G全体の動向を見据える上では、国による5Gへの温度差も気になるところだ。4Gで先行してきた日本など東アジアや米国では5Gの導入に積極的だが、4Gのインフラ整備が遅れている欧州のキャリアは、5Gによるサービス提供に「腰が重い」(中村武宏氏)状況だ。

この点について中村寛氏は「欧州ではいま4Gに目が向いているが、彼らも時間が経てば5Gを導入する。今でも2Gを用いている国もあるのだから、時間差がありながらも最終的には同じところに向かうのではないか」と話す。そうした意味でも、NTTドコモとしては5Gの先行事例をいち早く作り上げ、前向きな取り組みを見せていく必要があると感じているようだ。

ちなみに中村寛氏は、5Gに並ぶ研究テーマとしてもう1つ、AIとビッグデータの活用を挙げ、「AIは5Gと似た所がある」と話している。その理由は、双方共に技術としては優れているものの、技術だけで人々の生活を便利にするわけではないということ。ゆえにそれらを活用して便利なサービスを提供する上では、サービスを提供する企業側のニーズを見極めることが非常に重要だと、中村寛氏は話している。

それゆえ5Gだけでなく、AIに関してもパートナーとの協業を強化していく方針のようだ。NTTドコモのAIは従来、ネットワークの最適化や、「dマーケット」で消費者に商品やサービスをレコメンドする仕組みなど、NTTドコモ内のサービスで利活用することが主となっていた。だがNTTドコモでは昨年6月に、同社のAIエージェント機能をAPI化し、パートナー企業と共同でサービスなどの開発を進める「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を開始。今年の春にはそれを活用したサービスが登場してくるとのことだ。

5GやAIといった多くの先端技術を持つNTTドコモだが、一方で3Gでは技術が先行し過ぎて成功に至らず、4Gでもやはり技術やサービス面では先行しながらも、後発の事業者がなし崩し的に「4G」という言葉をプロモーションに用い積極的なアピールを進めたことで、むしろ後れを取っているように見られてしまうなど、技術をビジネスに乗せるという部分では弱さがあるように見える。そうした弱さを補いながらも同社の技術をフル活用する上では、やはり自社だけでは生み出せないさまざまな発想を持つ、パートナーとの協業による5Gの活用が大きな意味を持ってくるといえそうだ。
(佐野正弘)