スバル車のカタチはどう変わる? デザイン部長に聞く“次の一歩”

スバル車のカタチはどう変わる? デザイン部長に聞く“次の一歩”

画像提供:マイナビニュース

●コンセプトカー4台を展示するスバル
SUBARU(スバル)はクルマをデザインする時に何を大切にしていて、今後はどんな方向性を模索していくのか。本社ショールームにコンセプトカー4台を展示し、デザインを語るイベントを開催中の同社で石井デザイン部長に話を聞く機会があった。今後は「歩幅を大きく」してデザインを進化させるというが、スバルの次の一歩とは。

○次期「レヴォーグ(?)」も展示中

東京の渋谷区恵比寿にあるスバル本社ショールームでは現在、同社のデザインを体感できるイベント「SUBARU DESIGN MUSEUM」が開催中だ。2018年3月のジュネーブ・モーターショーで世界初披露となった「VIZIV TOURER CONCEPT」など、同社のコンセプトカー4台を間近で見ることができる貴重な機会となっている。スバル「XV」のクレイモデル(粘土で作った模型)なども展示してある。

これは書籍「スバルデザイン」(御堀直嗣著、三樹書房)の発刊を期に企画されたイベントで、期間は4月7日まで。土曜日と日曜日には、スバルのデザイン部によるプレゼンを1日に2回(13時と16時)、聞くことができる。同イベントのオープニングイベントには石井部長が登壇し、スバルのデザインについて解説した。
○中島飛行機に端を発するスバルのDNA

スバルがデザインで大事にするものとは何か。石井部長はスバルの原点が中島飛行機研究所であったことから説き起こした。飛行機を作る上で最も大事なのは、パイロットが無事に帰ってくること。フランス人技師を招聘して飛行機作りに乗り出したスバルは、創業当初から安全性を大切にしており、今も「安心と愉しさ」というメッセージを掲げる。カッコいいクルマを作ろうとする場合でも、安全であることがスバル車にとって至上命題なのだ。「死亡事故ゼロを目指すクルマ作りにデザインでも協力する」と石井部長は語る。

例えば、1958年に登場した「スバル360」にも飛行機作りのスピリットが息づく。白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の「三種の神器」が庶民に行き渡り、次の夢としてマイカーを求める機運が高まった時期に、廉価でクルマを提供しようとスバルが開発した軽自動車の「360」は、小さいながら広い室内が特徴で、「大人4人が乗っても赤城山を登れる」(石井部長)走破性を持っていた。この室内の作り方には、飛行機作りで得た「モノコック構造」のノウハウを活用したのだという。

「360」の時代から現在までにスバルは、クロスオーバーの「アウトバック」であったりSUVの「フォレスター」であったり、最新型ではセダンとハッチバックからスタイルを選べる「インプレッサ」であったりと、さまざまなクルマを世に問うてきた。「360」以降のスバル車のデザインを分析した上で、現在のスバルがデザインのテーマに掲げるのは「ダイナミック」と「ソリッド」だ。

「動物のようなしなやかさ」「シンプル」「エモーショナル」「引き算の美学」といったワードを自動車メーカーのデザインに関する説明では耳にしてきたが、石井部長は「一目でスバルの価値が分かるデザインを構築したい」と考え、「躍動感」や「カタマリ感」を感じる言葉をチョイスしたのだという。

●2020年以降のスバル車はどんなデザイン?
○量産車にも明確に息づくコンセプト

スバルの顧客が共通して認知しているスバル車を言葉にしたものが「ダイナミック」と「ソリッド」だったと石井部長は振り返る。これを表現するのは「スタンス」「ボリューム」「サーフェス」の3つの要素で、人間でいうと「骨格」「肉付き」「彫りの深さ」に相当するそうだ。これらをボディ全体で表現し、一目でスバル車と分かってもらえるデザインを探ろうと2013年に研究を始め、2014年にジュネーブショーで発表したのがコンセプトカー「VIZIV 2 CONCEPT」だった。

スバルが「ダイナミック」と「ソリッド」という考え方を落とし込んだ初めての量産車は2016年10月に発売となった「インプレッサ」だが、「VIZIV 2」の要素を最大限に盛り込んだのは2017年5月に発売した「XV」だ。ちなみに、2018年3月28日に「ニューヨーク国際自動車ショー」で世界初公開した新型「フォレスター」は、2015年のコンセプトカー「VIZIV FUTURE CONCEPT」から多くの要素を取り入れているという。

「ダイナミック」と「ソリッド」がスバル車のデザインの方向性であり、それは最新のコンセプトカー「VIZIV TOURER CONCEPT」も共有するところだ。では今後、この方向でどのような展開をスバルは見せてくれるのだろうか。
○機能の進化がデザインを決める?

「自分の反省としては、今までは歩幅が少し、狭かったかな」。スバル車の2020年以降のデザインについて、がらりと変えるのか、小さな変化を積み重ねていくのかと聞くと、石井部長はこのように答えた。「もうちょっと進化の歩幅、革新の歩幅を、世の中の流れも速いので(広げたい)。崩すのではなく、同じ軸の上で、歩幅をもう少し先に持っていきたいと思っていて、次のデザインでは仕込んでいる」というのだ。

歩幅についてもう少し教えて欲しいと問うと石井部長は、「スバルのデザインは、形やトレンドを追いかける『グラフィック的』なものではないので、歩幅を広げるには機能が必要になる。機能と一緒に歩幅を広げていかなければならない。設計、研究・実験、サプライヤーまでを幅広く含めた、機能の進化を伴ったデザインの進化だ」と説明した。デザイナーの意向だけでクルマの形を決めていくのではなく、顧客のために実現したい機能を踏まえた上で、全社的に物事を進めていく姿勢を整え、大きな歩幅で前進していく。これがスバルの方向性のようだ。

機能といえば、電動化や自動化など、クルマが新機能を獲得する日は迫っている。これがデザインに影響するかどうかといえば「大きく影響する」というのが石井部長の考えだが、「今はスタディ段階なので、多くはいえない。時間を掛けて探りたい」として詳細については言及を避けた。

偶然だが、スバル本社でのイベントの前日、ボルボ車のデザインを統括するマクシミリアン・ミッソーニ氏(ボルボ・カー・グループ、デザイン部門バイスプレジデント)の話を聞く機会があった。同氏が語ったのは、デザインの進化においては、大きく(がらりと)変えるのも、小さな変化を重ねていくのも危険であり、ある程度の「Big Step」が不可欠ということだった。確かに、今のボルボ車は一時期の四角いイメージから大きく変化している。

石井部長が「歩幅」について語った時、ミッソーニ氏の言葉を思い出して興味深かった。スバルもボルボも、多種多様なクルマを用意して年間1,000万台を売る企業ではない分、クルマの個性を群として打ち出すことや、それがどんな個性であるかはブランド戦略上、かなり重要な要素だと思われる。両社が踏み出す次の一歩は、それぞれにとって重要な意味を持つに違いないし、ファンが多そうな両社だけに、多くの人の注目を集めることにもなるだろう。
(藤田真吾)

関連記事(外部サイト)