八重洲地下街がリニューアル、東京駅周辺再開発に合わせ 第1弾はカレーゾーン

八重洲地下街がリニューアル、東京駅周辺再開発に合わせ 第1弾はカレーゾーン

TOKYO CURRY QUARTETの開業イメージ(八重洲地下街発表資料より)

 東京都中央区の八重洲地区などJR東京駅周辺で市街地再開発事業が相次ぐ中、八重洲地下街も2022年以降、順次リニューアルされることが決まった。地下街を八重洲地区の再開発エリアやさまざまな場所を結ぶ玄関口と位置づけ、魅力ある街に切り替える。リニューアル第1弾としてカレーの人気店を集めたゾーンが2月にオープンする。

【こちらも】東京駅八重洲口で建設中の複合施設、街区名称が「東京ミッドタウン八重洲」に

 八重洲地下街は、八重洲駐車場(現八重洲地下街)が1965年に開設した。現在は飲食、ファッション、生活雑貨、食料品、各種サービスなど約180店が並び、売り場面積は東京都内の地下街では最大。全国で見ても大阪市中央区南船場のクリスタ長堀に次ぐ規模を誇る。

 東京駅周辺は八重洲側、丸の内・大手町側とも再開発計画が目白押し。八重洲側では八重洲一丁目東地区、八重洲二丁目北A地区などの再開発計画が進行中で、高層ビルの完成やバスターミナルの新設などが予定されている。

 八重洲地下街はこれらの再開発エリアや既存の場所を結ぶ玄関口に位置し、多くのサラリーマン、観光客らが通行している。今回のリニューアルでは魅力ある店舗をそろえるとともに、来訪者のたまり場となるゾーンを各所に設けて居心地の良い地下街に変える。

 さらに、八重洲地下街の歴史と伝統を大切にしながら、地下でも季節や時間の変化を感じられる空間を創造、従来の地下街のイメージを一新する。2月にはくつろぎの場を兼ねたセンタースポットがお目見えの予定だ。

 第1弾としてオープンするのは、サウスブロックの「TOKYO CURRY QUARTET」。東京23区初出店となるスープカレーの「奥芝商店」、欧風カレーの「銀座スイス」、関東初出店の「コロンビア8」、インドカレーの「シターラダイナー」の4店が登場する。

(高田泰)

関連記事(外部サイト)