大学生の就職率97・6% 微減も過去2番目の高水準 高校生はバブル期並みに

大学生の就職率97・6% 微減も過去2番目の高水準 高校生はバブル期並みに

リクルートスーツを着て就職活動する学生たち

 平成31年3月に卒業した大学生の就職率(4月1日現在)が97・6%で、過去最高だった前年同期と比べて0・4ポイント微減したことが17日、厚生労働省と文部科学省が公表した調査結果で分かった。9年の統計開始以降では、29年3月卒と並んで2番目に高く、高水準を維持した。

 調査は、全国の国公立大24校と私立大38校を抽出して実施。推計では、就職希望者約43万6700人のうち、約42万6千人が就職した。

 男女別では、男子が97・3%(前年同期比0・2ポイント減)、女子が97・8%(同0・8ポイント減)。文系・理系別では、文系が97・4%(同0・8ポイント減)と下がった一方、理系が98・4%(同1・2ポイント増)と上がった。

 厚労省若年者雇用支援の担当者は「企業の採用意欲は引き続き高い。微減の要因としては、売り手市場の中で、一部の学生が第一希望の業界、企業に再チャレンジしようとしたのではないか」とみている。

 大学以外では、短大(女子のみ)が98・6%(同0・5ポイント減)、高等専門学校(男子のみ)が99・6%(同0・4ポイント減)。地域別(大学のみ)では関東地区の98・1%が最も高く、近畿地区の98・0%と続いた。最も低かったのは、九州地区の95・2%だった。

 一方、就職希望の全ての高校生を対象とした文科省の調査では、3月末現在の就職率は前年同期比0・1ポイント増の98・2%。9年連続の増加で、過去最高だったバブル期の平成2年度(98・3%)にほぼ並んだ。人手不足を背景に、高校生についても企業の採用意欲が高い状況が続いている。

関連記事(外部サイト)